アンテナSOS一覧

BSアンテナの種類 ブラック色や自動追尾まで

ほとんど見た目も色も同じイメージのBSアンテナ。地上デジタル放送用アンテナは色々あるのにBSアンテナは種類が少ないんですよね。でも探してみるとちょっと変わり種の商品もありました。特にアウトドア好きの方にうってつけの商品があります。キャンプで衛星放送を見るというのも中々おつですね。

アンテナレベルが低い?TVの視聴に必要な目安とは

テレビの画面でアンテナレベルをチェックすることができますよね。実はそのレベルって、メーカーによって値が様々なんです。統一性がないので「何dBあれば大丈夫」とか、安易には言えないんですよね。工事事業者が持っているレベル測定器(レベルチェッカー)とは数値が=じゃないので、こちらも注意ですね。

ブースターって我が家にも必要?レベルを上げる以外のもう一つの役割とは

テレビの電波を増幅する機械、ブースターって知ってますでしょうか?最近では一家に一台設置するくらい標準となってきているんですが、電気代もかかるし本当に必要なんでしょうか?なしで済むならコスト削減で付けたくないですよね。ただ、実はテレビのレベルを上げる以外にも重要な役割があるんですよ。

これって電波障害?テレビの映りが悪くなってきた

テレビの電波障害というものは、割と頻繁に起こっています。アンテナの高さよりも高い建物が建つと電波を遮断してしまうため、低い位置についているアンテナは要注意です。特に地上デジタル放送用の平面アンテナを設置している方。屋根よりも下に付いているケースが多いので、お隣の家の壁が邪魔になって映らなくなることが結構多いんですよね。

アンテナレベルをテレビ画面で確認してみよう!

テレビの画面で確認ができるテレビアンテナレベル。この数値、参考にはなるんですが、簡単には上げることができません。単なるレベルの強さではなく、電波の質が影響してくるんですよね。今回は、このアンテナレベルがどのような意味を持っているのかを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク