ブースターって我が家にも必要?レベルを上げる以外のもう一つの役割とは

シェアする

新築のテレビ設備では、ほとんど標準に近い形で使用されているんじゃないでしょうか。

でも、本当にブースターって必要なんですかね?

少なからず電気代も必要ですし、なくてもいいなら付けたくないですよね。

今回は、ブースターの役割というのを簡単に説明していきます。

テレビの電波を上げる役割


テレビの電波は、アンテナで受信した後ケーブルを伝って屋内に入り、必要な箇所に分かれていきます。

その間どんどん電波のレベルは低くなっていくため、画像が劣化しないうちに強さを補ってあげるのが、ブースターの一番の役割です。

つまり、もともとの受信レベルが非常に高い場合や、あまりテレビを観る箇所がなくて分配する必要がない場合などは、レベルが低くなりすぎることがありません。

テレビに繋ぐ時点で一定のレベルが確保できていれば、ブースターは必要ないってことになるんです。

お住まいに地域の環境や、テレビコンセントの数などによって変わってくるんですね。

BSコンバーターへの電源供給の役割

BSアンテナにはコンバーターという機械が付いています(お椀の先にちょこんと付いているアレです)。

コンバーターには電源が必要で、その電源は屋内から送る仕組みになっています。

その役割を担うのがブースターなんです。

ブースターがあれば、常にBSアンテナに電源を送り続けますので、家中どこのテレビでもBS放送が常時視聴できます。

ブースターがない場合はテレビ側から電源を送らなくてはならなくなり、色々と制約が出てきてしまうんですよ。

詳しく知りたい場合は、こちらの記事を見てみてくださいね。

リビングのテレビを消してしまうと、子供部屋や寝室などでBS放送が観れなくなってしまう。そんな悩みはありませんか?BSアンテナへの電源供給が止まってしまっているかもしれません。

BSやCSなどの衛星放送を観たい場合は、ブースターを設置しておいた方が間違いはないでしょうね。

まとめ

最近の新築住宅は、昔と比べてテレビコンセントが多くなっています。

5箇所や6箇所コンセントがあるんであれば、ブースターを付けておいた方が無難でしょう。

特に、BS放送も観られるようになっているケースが多いため、電源の問題も考えて標準的な採用となっているんだと思います。

今後は4K8K衛星放送なども始まってきますので、今まで以上にBSアンテナの需要は伸びていくように思います。

BSコンバーターへの給電を考えても年間で2,3千円程度だと思いますので、個人的には設置をお勧めします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク