アンテナレベルをテレビ画面でチェックしてみよう!

シェアする

電気店などの施工業者は別として、一般の方々はテレビ電波専用の測定器などお持ちではないでしょう。

テレビの受信状況をチェックする上で、ほとんどの方が参考にするのがテレビに表示されるアンテナレベルです。

メーカーによって表記は違い、受信レベルや受信強度などという言い方もします。

でも、この数値の本当の意味を知っている方はたぶん僅かではないでしょうか。

簡単に説明していきます。

リモコンで画面を表示しよう

まずはお手持ちのリモコン操作で、アンテナレベルを表示してみましょう。

メーカーによって操作は様々ですが、メニューや設定のボタンから、各種設定、アンテナレベルなど、ガイドに従って押してみてください。

地上デジタル放送とBSやCS放送に分かれると思います。

表示される数値の基準もメーカーによりバラバラですので、複数のメーカーのテレビをお持ちの方はちょっと注意が必要ですね。

詳しい基準はお持ちの機種の説明書などをチェックしてみてください。

レベルチェッカーや電界強度測定器とは意味合いが違う

電波の単位はレベルやdB(デシベル)などという単位で表記されますが、専門業者が持っているレベルチェッカーや電界強度測定器で表記されるものと、テレビ画面でチェックするものとは意味合いが違います。

レベルチェッカーや電界強度測定器などで言うdBやレベルというものは、テレビ電波の強さを表します。

それに対してテレビ画面に表記されるものは、強さではなく電波の質を表すものが多いようです。

電界強度測定器で言うC/N値に近いかもしれません。

この二つを混同してしまうと、受信不良時に対処を間違えてしまうことがありますので、注意が必要です。

テレビ画面でチェックするアンテナレベルを上げるには

レベルが弱すぎて質まで悪くなっている場合は、電波を増幅するブースターなどを使用してレベルを強くしてあげればテレビのアンテナレベルも高くなるでしょう。

ただ、基本的に質を表すテレビ画面のアンテナレベルは、単に電波を強くするだけでは大きく改善しません。

ブースターを使用すれば電波の強さはUPしますが、機械に通す分雑音が入りやすくなり、本来質は逆に悪くなってしまうものです。

ブースターや分配器、テレビのコンセントなど、機器を通すことで若干ずつ電波の質は落ちていくと考えてください。

電波の強さは確保できているのにテレビ画面のアンテナレベルが低い場合、その数値を上げるには電波の質を上げること

すなわち、アンテナ部での受信改善が最も有効な対処法なんですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク