レベルチェッカーで測定した際の単位の意味とは アンテナ工事に必須!

シェアする

アンテナの工事をされる方は、テレビ用のレベルチェッカーや電界強度計といった測定器をお持ちの場合も多いでしょう。

最近では比較的価格も安くなり、手の届く機械になりました。

一般の方はあまり馴染みが無いかもしれませんが、テレビの画面でアンテナのレベルチェックが出来たりしますよね。

それをもっと細かく調べられて、持ち運びもできるようにした測定器といえばわかりやすいでしょうか。

詳細に調べる分、測定する単位も複数になります。

今回は、テレビ電波を測定する際に表示される単位の意味を簡単に説明していきます。

dBμV

デシベルマイクロボルト、細かいことは置いておいて、一般的には「デシベル」でいいと思います。

「デシベル」と聞くと、一般の方は音の大きさの方が馴染み深いかもしれません。

電波の強さを表す単位だと思ってください。

アナログ放送の際は、ほとんどこの単位のみで測定していました。

後は実際にテレビを繋いで見て、綺麗に映っているかを判断してましたね。

デジタル放送になった今でも、やっぱり一番頼りになるのはこの単位です。

テレビ電波の強さのことを、よく「レベル」という言い方で表現しますが、このデシベルを表していると考えていいでしょう。

BER値

Bit Error Rate(ビットエラーレート)、Bit誤り率というものです。

一般的には「バー」とか「ビーイーアール」とかって言いますね。

良くわからないですよね。

デジタルの信号は0と1の羅列によって出来ています。

<001110000101011100・・・>みたいな感じ。

雑音などが入ることによって、本来0の所が1になってしまったり、その逆になってしまうような間違いが発生します。

その間違い(エラー)がちょっとであれば修復できますが、多すぎるとテレビの画像が乱れてしまうんです。

言ってみればBERは、電波の強さではなく質を測定する単位ですね。

表示の仕方がちょっとわかりづらくて

0.0±00 が最高値です。

要はエラーがゼロということです。

±の左側より右側が重要で、00から-8、-7、-6と続きます。

-6辺りから怪しくなって、-4くらいになると受信が厳しくなってきます。

実際に画像が映るかどうかは、電波の強さ(デシベル)にも影響しますので、総合的に判断しなければなりません。

C/N比

そのまま「シーエヌヒ」ですね。

CがCarrier(信号)でNがNoise(雑音)です。

私はCがClear(透明)のことだと勘違いしていました。

あながち間違いでもないんですが、綺麗な信号と雑音の間の値を表します。

数値が高ければ高いほど間が開いていることになり、雑音の影響を受けにくい良好な電波であると判断ができるんです。

大体30dB辺りが最高値で、徐々に落ちていきます。

こちらの表示単位もdB(デシベル)です。

BER値同様、電波の強さというよりは質の方を測る単位となっています。

まとめ

他にも飛んでくる電波本来の質を表すMERなどの単位もありますが、ほぼ上記3種類の測定ができれば、デジタル放送の受信の可否が判断できます。

デジタル放送は電波の強さだけではなく、が大切になってきます。

いくら電波が強くても質が悪ければ映らないし、電波が多少弱くても質が良ければ映ります。

3つの値をフルにクリアーしていれば文句なしですが、幾つか厳しい値が出るようであれば、設備の調整などで値の改善を図りましょう。

そして、最終的にはやっぱり実際にテレビに映してみて確認することが一番です。

いずれにしても、レベルチェッカーを持っているのと持っていないのとでは、テレビ工事のし易さが大きく変わってくるでしょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク