テレビの機器でよく見る「周波数」って何?

シェアする

アンテナ関係の機器を見てみると、周波数だとか「MHz」なんていう表記が多く見られます。

割とよく聞く言葉ですが、「周波数」の意味を知っている方って意外と少ないんじゃないでしょうか?

今回はその周波数について、あまり深く掘り下げず、できるだけ簡単に説明してみます。

電波は波で表現される

電波はその名のとおり、電気の波のことです。

周波数は波の数、電波が1秒間に波を打つ回数を表しています。

その周波数の単位が「Hz」ヘルツです。

波打つ回数が少ない穏やかな波が低周波で、電波法では30~300KHz(キロヘルツ)までの電波を指します。

医療などで用いられる低周波治療器などが有名でしょうか。

逆に波打つ回数が多く激しい波が高周波で、電波法では3~30MHz(メガヘルツ)となっていますが、明確な区切りはないといって良いかもしれません。

テレビの電波は、この高周波の分類に入るものですね。

使っていい周波数は明確に区切られている

周波数は「限られた資源」という言われ方をします。

用いるものによって適した周波数が違ってきますし、情報通信で使用できる電波にも限りがあります。

また、同じ周波数で電波を飛ばしてしまうと、干渉しあって上手く働かなくなったりします。

近くで同じ周波数のラジコンで遊ぼうとすると、混信して上手く操作できなくなってしまうような現象ですね。

テレビの電波も、同じ周波数で放送を流すと、干渉しあって映像が乱れたり映らなくなったりしてしまいます。

電波が混信したりするのを防ぐ上でも割り当てを明確にする必要があり、衛星放送などもあることから、国際的にも取り決めがされているくらいです。

日本でも使用していい周波数は決まっていて、その中で様々な電波が棲み分けをしているんですね。

まとめ

アンテナ関連機器には、ほとんどの物に対応周波数の数値が記載されていると思います。

テレビ放送にも周波数の枠が振り分けられており、その中で地上デジタル放送BSデジタル放送CSデジタル放送などが番組を電波で飛ばしているんです。

機器に書いてある周波数を見ることで、どの放送にまで対応しているかがわかりますので、今後の4K8K放送への対応なども含めて、一度チェックしてみるといいでしょう。

4K8K衛星放送に関する疑問は、こちらの記事をご覧になってください。

4K8K衛星放送のことを17個にまとめて書いてみました。この位の知識があれば、だいたいは理解したと考えていいのではないでしょうか。それぞれさらに詳しい記事も書いていますので、より詳しく知りたい方はそちらもどうぞ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク