光テレビとは

シェアする

最近急速に普及してきている光テレビ。

最も代表的なのが、NTTが運営するフレッツテレビでしょうか。

光と聞くと、なんとなくインターネットで観るテレビのような印象を受けますが、動画配信サービスなどとは違います。

ケーブルテレビとの違いも分かり難いんですよね。

通信会社が運営するケーブルテレビのようなもの

区別が難しいんですが、通信会社が運営するケーブルテレビのようなものと考えればしっくりくるかと思います。

ほとんどケーブルテレビと受信のシステムは同じで、電柱伝いにテレビ電波を伝送して、各住戸に電気のように引き込んで放送を配信します。

大きく違うのは、運営している企業が通信系の企業ということでして、全国的にもNTTがNo.1ということなんですね。

そもそも通信線として使用していた光ファイバーに、テレビの放送も乗っけて供給しちゃおうという発想のシステムです。

結局ケーブルテレビも、現在は光ファイバーでの伝送が主流なので、こちらもある意味光テレビなんですけどね。

メリットはアンテナ不要

こちらもケーブルテレビ同様ですが、一番のメリットはアンテナが必要無いということでしょう。

加入することで、地上デジタル放送とBSデジタル放送の無料放送は視聴が可能となりますので、UHFアンテナとBSアンテナを設置する必要がありません。

外観の良さは勿論のこと、経年劣化や自然災害時などのメンテナンスを気にしなくていいのは大きなメリットです。

最近は太陽光パネルを屋根に乗せる新築も多くなってきましたので、アンテナを設置する場所も限定されてきてますしね。

デメリットはランニングコスト

やはりケーブルテレビ同様ですが、デメリットは月々の費用が発生することでしょう。

壊れさえしなければ初期費用のみで済むアンテナと違って、一般的な放送を観るだけでもランニングコストは発生します。

勿論、有料放送を観ようと思えば追加で料金を支払わなければなりません。

キャンペーンなどもあるため一概には言えませんが、ケーブルテレビでも光テレビでも工事の費用や加入費など、基本的に初期の費用は発生します。

思いのほか早く故障したりしなければ、アンテナ受信がコスト面では一歩リードという感じでしょうか。

まとめ

通信会社が運営しているだけあって、インターネットのプロバイダー契約や固定電話、携帯電話などとの複合契約で、まとめて安くなるなどのプランも用意されています。

ただ、最近では同様のサービスを提供しているケーブルテレビもあり、やっぱり違いがよくわからないような状況です。

ケーブルテレビはお住まいの地域によって加入できる局が違うため、それぞれサービスや料金が異なります。

光テレビも必ずしも加入できる地域とは限りませんので、一度比較してみるのもいいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク