地上デジタル放送とは

シェアする

皆さんが観ているテレビの電波には、地上波というものと衛星波というものがあります。

また、その電波の種類もアナログ波というものと、デジタル波というものに分かれるんです。

その中で一番良く耳にするのが、地上デジタル放送じゃないでしょうか。

今回は、この地上デジタル放送というものを簡単に説明してみたいと思います。

地上波のデジタル波の放送

地上デジタル放送とは、簡単に言えば地上から飛んでくるデジタル放送のことです。

テレビの放送には、大きく分けて地上放送と衛星放送があります。

衛星放送は、宇宙の軌道上を回る衛星から電波を飛ばしております。

対して地上放送は、全国各地に建っている電波塔からテレビ電波を照射しています。

いちばん有名な電波塔が東京スカイツリーですね。

これ、テレビの電波を飛ばしている塔なんです。

世界最高峰の電波塔である東京スカイツリーでも、テレビ電波が届く範囲は東京都と近県程度。

都道府県にはそれぞれ大小様々な電波塔があって、それらの送信局から電波を受け取ってテレビを観ているんですね。

テレビの受信チャンネルは地域によって変わる

地上デジタル放送はUHFという周波数の電波を使用しています。

UHFチャンネルの範囲は13chから52chとなっており、使用チャンネルは地域によって変わるんです。

例えば、NHK総合のチャンネルですが、東京都では27chで大阪では24ch、愛知では20chで送信されています。

これは、電波が混信しないようにする意味と、その地域独自のローカル放送を制作し送信するからです。

地元出身の芸能人が街を散歩するような番組、結構見ますよね。

地震だとか台風だとか、その地域に特化した情報を流せるよう、地域ごとにテレビ局があるんですね。

ですから、転勤や家を建てたりして引っ越しなどをする場合、受信チャンネルが変わる可能性があるので、テレビのチューニングをし直すことを忘れないように。

せっかく新築に入居したのに、テレビが映らないなんてことないようにね。

UHFアンテナの種類は多い

電波がUHF電波ですから、もちろん受信用のアンテナはUHFアンテナですよね。

でも一概にUHFアンテナと言っても、実はとても沢山種類があるんです。

  • 素子アンテナ
  • 平面アンテナ
  • 地上デジタル放送専用アンテナ
  • 室内アンテナ

大きく分けるとだいたいこの4種類くらいでしょうか。

更にその中で、性能や形状など、様々枝分かれする感じです。

地上波がデジタル化するとともに、専用のデザイン性に優れたアンテナも出てきています。

住んでる地域の受信環境によって使用できるアンテナに制限が出ますが、最近は外観の良いアンテナがいっぱい発売されていますね。

アナログ放送とデジタル放送の違いについてはこちらの記事をどうぞ

アナログ放送とデジタル放送のことを簡単に説明しています。アナログとデジタル。送信される電波の違いによって、チューナーはそれぞれの物が必要ですが、アンテナ機器は共通で使えるんですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク