アナログ放送とデジタル放送って何?

シェアする

テレビの番組は現在、全てデジタル放送で流されています。

皆さんがいつも見ている地上波も、衛星放送のBSやCS放送もデジタル放送です。

でも、その昔はアナログ放送だったんですよね。

このアナログ放送とデジタル放送って一体何が違うんでしょうか?

簡単に説明してみます。

2012年に完全デジタル化

地上デジタル放送は2003年スタートで、順次アナログ放送からデジタル放送に切り替わり、2012年に完全デジタル化となりました。

同じくBSやCSなどの衛星放送も一足お先にデジタル化となっています。

カメラがアナログのフィルムカメラからデジタルカメラに進化したように、ビデオカメラもデジタル化され、放送もデジタルになったんですね。

デジタルになるということは、すなわちデータ化されるということです。

データ化された物は非常にコンパクトに圧縮することができ、直ぐに壊したり再生したりできます。

撮った写真が直ぐに確認できるように、デジタルの方が何かと便利なんですよね。

アンテナ機器はどちらも一緒

アナログ放送からデジタル放送に切り替わるに当たり、お住まいのテレビ設備を改修された方もいれば、何もしなかった方もいることでしょう。

基本的にアンテナの機器は周波数をもとに製作されており、送信方法がアナログだろうがデジタルだろうが関係なく使用できます。

チャンネルの変更などもあってアンテナ設備の改修工事は多かったのですが、特に大きな変更のない地域などはそのままの設備で見れてしまっていたんですよね。

ちなみにアンテナ機器は大丈夫でも、テレビのチューナーは別です。

デジタル放送にはデジタル放送用のチューナーが必要で、アナログ放送用のチューナーは今は使えません。

まとめ

現在でもアナログの電波はラジオなど様々な所で使われています。

デジタルは一定のレベルを下回ると完全に途切れてしまいますが、アナログは徐々に悪くなるため、途切れ途切れでも電波自体は遠くまで飛んでいきます。

昔のアナログテレビ時代に、砂嵐のようなザラザラな画面の中にかすかに映像が見えているような状態。

音声だけは聞き取れるような、あんな状態でも完全に途切れることなく飛んでいくんです。

デジタルの方が間違いなく便利ですか、使用用途次第ではアナログの方がいい場合もあるんですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク