VHFアンテナはもういらない?撤去した方がいいかも

シェアする

地上波がデジタル放送になる以前の、アナログ放送時に使用していたVHF用のアンテナ。

まだ昔のまま、屋根の上に設置した状態の家も多く見られますよね。

完全デジタル化となった今、このVHFアンテナはもういらないんでしょうか?

テレビ放送としては必要がない

地上波放送は、アナログ放送からデジタル放送に移行する際に、全てのチャンネルがUHF放送に移動しました

地上波放送の完全デジタル化後に、空いたVHF帯域を使ってスマホ向け番組としてスタートした「NOTTV」という放送がありましたが、思ったほど視聴者が伸びずに2016年に終了しています。

したがって、現在VHFのチャンネルではテレビ番組は放送されておりません。

今後はその空いた周波数をスマホの電波で利用する案が出ているようですので、テレビ放送としては使用しないんじゃないでしょうか。

だとすると、屋根の上に置いておく必要はないですね。

FMのアンテナとしては使用できる

アナログ放送時代、VHF放送は1chから12chという区分けで使用していました。

ちなみに、今デジタル放送で使用しているUHF放送は13chから52chとなっています。

このVHF12chのうち、1chから3chまでは、実はFMラジオ放送のチャンネルと被ってきます

したがって、VHFアンテナからFMラジオにケーブルを繋ぐと、何も繋がずに受信するよりも鮮明にFMラジオを聴くことができるんです。

最近では、AMラジオ放送をFMの周波数でも送信する「ワイドFM」という施策が行われています。

ラジオを好んでお聴きの方からすれば、利用価値はあるかもしれません。

まとめ

FMのアンテナとしての利用価値はあるものの、最近ではラジオもインターネットで聴くことができるようになっています。

正直言って、古いVHFアンテナの再利用はちょっと非現実的ですね。

使用しないんであれば劣化するだけですから、機会があれば取ってしまった方がいいでしょう。

アンテナが1本多いと風の影響もより受けやすくなりますので、台風が近づいてくる度に心配するのも嫌ですよね。

改修工事など、家の屋根に上るような工事があるようでしたら、合わせて撤去してもらったらいかがでしょうか。



スポンサーリンク
スポンサーリンク