UHFとは何か 

シェアする

アンテナ機器を見てみると頻繁に出てくるUHFという言葉。

テレビやアンテナの業界では当たり前のように使っていますが、説明も少なくて何のことだか良くわからないんですよね。

電波の種類の一つだということはわかりますでしょうか?

今回はそんなUHFについて、簡単に説明していきます。

地上デジタル放送のこと

大雑把に説明すると、UHF放送=地上デジタル放送です。

ですから、地上デジタル放送用アンテナとはUHFアンテナということになります。

テレビ電波のレベルを増幅するブースターや電波を分ける分配器など、アンテナ機器にUHFという記載がある場合は、その機器が地上デジタル放送に対応しているという意味と捕らえていいでしょう。

地上デジタル放送はいわばメインのテレビ放送なので、ほとんどの機器がUHF対応ということになりますけどね。

周波数のこと

もう少し細かく説明すると、UHFとは(Ultra High Frequency)の略で、日本語で言うと極超短波といいます。

電波は周波数という言葉で表されますが、極超短波とは300MHz~3000MHzまでの周波数の電波のことで、UHF帯などと表現したりします。

テレビのチャンネルで言うと13chから62chのことで、現在の地上デジタル放送では13chから52chまでがテレビ放送で使用されています。

残りの10チャンネル分は、最近普及が目覚しいスマホの通信電波などに使用されています。

世の中の電波は周波数というもので区切られており、その中でテレビの電波も様々に区分けされているんですね。

周波数に関する詳しい記事はこちらをどうぞ。

周波数って言葉、割とよく聞きますよね。テレビだけじゃなくて、音声とか治療器とか。でも、この周波数って具体的には何を表すものなんでしょう。簡単に説明しています。

まとめ

地上波のテレビの電波は、昔からこのUHFの電波と、更に低い周波数であるVHFの電波を使って放送されていました。

従来のアナログ放送から、2003年スタートの地上デジタル放送に切り替わるに当たって、VHF帯の電波は使用せずUHF帯の電波のみを使用するようになり今日に至ります。

歴史が古く、当たり前のように使用されている言葉ですが、興味がないと意味までは知りませんよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク