UHFブースターとCATVブースターの違いって何? 共用すると起こる問題点とは

シェアする

UHFアンテナを建てて地上デジタル放送を受信する場合はUHFブースター

ケーブルテレビに加入して地上デジタル放送を受信する場合はCATVブースター

受信方法によって、それぞれ専用のブースターを使用するのは当たり前なんですが、アンテナ受信でもケーブルテレビ受信でも地上デジタル放送であることに変わりはありません。

同じ地上デジタル放送でもブースターは共用できないんでしょうか?

今回はこれら2つのブースターの違いと、間違って使用すると発生しかねない問題について説明していきたいと思います。

ケーブルテレビ専門チャンネルの問題

アンテナで視聴する際の地上デジタル放送のチャンネルは13ch~52chとなっており、その使用周波数は470MHz~710MHzまで。

ケーブルテレビで視聴する場合でも、アンテナで受信した場合と同じチャンネルで流すパススルーという伝送方式が主流ですので、470MHz~710MHzという同じ周波数を使用しています。

ブースターは特定の周波数帯域のレベルを増幅する機械なので、地上デジタル放送のみを考えるのであればブースターは共用できるはずですよね。

しかしながら、ケーブルテレビ局は、そのほとんどが局独自の専門チャンネルを持っています。

その地域で受信できる地上デジタル放送だけではなく、近県の放送やケーブルテレビ局が独自で制作した地元密着番組。

BSデジタル放送やスカパー!の有料チャンネルなど、様々な番組を混ぜ合わせて電波を送っています。

その使用チャンネルは通称Cチャンネルと呼ばれるもので、C13ch~C22chまでのミッドバンドという帯域と、C23ch~C63chまでのスーパーハイバンドと呼ばれる帯域です。

周波数帯域はミッドバンドで108MHz~170MHz。

スーパーハイバンドで222MHz~468MHzですので、地上デジタル放送で使用している周波数とは異なります。

ただのUHFブースターでは増幅することができないんですね。

すなわちCATVブースターは、これらの周波数も一緒に増幅できるブースターということです。

ケーブルテレビインターネットの問題

もう一つ問題となるのがケーブルテレビインターネットです。

比較的規模の大きいケーブルテレビ局は、テレビ放送だけではなく、インターネットのプロバイダーとしてのサービスも提供しています。

テレビ放送を伝送している同軸ケーブルを使ってインターネットをする方法で、テレビ視聴では使用しない10MHz〜60MHzという低い周波数帯域を使ってデータの通信を行っています。

したがって、ケーブルテレビインターネットを利用する際は、通信で使用する10MHz〜60MHzの帯域が通過するブースターを使用する必要があるんてす。

テレビを見るということだけを考えると余分な周波数帯域は雑音でしかない為、UHFブースターは、それらの低い周波数帯域をカットするように作られています。

簡単に言えば、UHFブースターを使用するとケーブルテレビインターネットは使用できないということですね。

マルチブースター

上述したように、地上デジタル放送のみを考えると共用は不可能ではないですが、ケーブルテレビ専用チャンネルの視聴や、ケーブルテレビインターネットのことを考えると、やはりそれぞれのブースターを使用するべきです。

でも、アンテナ受信をするかケーブルテレビに加入するかがわからない場合や、将来的に切り替える可能性があるなど、どちらにも対応したい場合もありますよね。

そんな時にオススメしたいのが、マルチブースターというものです。

アンテナかケーブルテレビかをスイッチ1つで切り替えることができるようになっており、将来的に視聴方法を変更するときにもブースターの交換は必要ありません。

多少金額は高くなりますが、便利なブースターですよね。

まとめ

メンテナンスなどで一時的に視聴を助ける場合などは、CATVブースターの代わりにUHFブースターを使用するのも致し方ないでしょう。

しかしながら、永続的に使用するのであれば、やはり共用はオススメできません。

例え今は地上デジタル放送のみの視聴だったとしても、もしかしたら将来的に専用チャンネルやインターネットの契約をする可能性はありますよね。

契約したのに映らないのでは、クレームはケーブルテレビ局に行くでしょう。

後々のことを考えると、安易な使用は避けたほうがいいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク