建売住宅のアンテナ工事 アンテナ線の出ている位置に注意

シェアする

建売

家を購入する際に、意外と見落としがちなのがアンテナ工事

注文住宅の場合は標準工事に組み込まれていたり、オプション工事として対応してくれるケースが多いと思いますが、建売住宅ではお施主様対応がほとんどじゃないでしょうか?

いざ入居というタイミングで、テレビが見られないのは困りますよね。

今回は、そんな建売住宅の場合に急遽必要となるアンテナ工事についてのお話です。

足場はない

本来、アンテナは高い位置に設置するため、屋根の上に乗る可能性が非常に高い工事です。

危険度を考えると足場は必須とも言えるんですが、残念ながら建売住宅の場合は、足場が既に解体された状態での工事になってしまうでしょう。

緩やかな傾斜の屋根で、梯子がかけられるスペースのある2階建てなら大丈夫だと思いますが、そうでなければ・・・。

特に3階建ては、屋根に登るのはほぼ難しいでしょうから、梯子で届く位置に取り付けるしかありません。

アンテナが設置できないことを想定して、ケーブルテレビや光テレビへの加入も検討しておきましょう。

アンテナ線の位置が重要

無事に屋根に登れたとしても、アンテナ線が出ている位置によっては希望通りの工事は難しいかもしれません。

最近では見栄えの良い平面アンテナが人気ですが、電波の飛んでくる方向の壁に設置しなければなりません。

近くにアンテナ線が出ていれば問題ないですが、反対側など遠い位置に出てる場合は、ケーブルの取り廻しが厄介です。

特に建売住宅の場合、隣地に同じような家屋が立っているケースが多いため、電波の到来方向に家があると平面アンテナはOUT。

平面アンテナ設置例

テレビ電波が遮断されて、上手く受信できなくなってしまいます。

ちなみにBS放送の電波到来方向は南西。

南か西にアンテナ線が出ていないと、こちらも厄介ですね。

片流れは破風への設置

建物が出来上がった状態での工事になるので、色々と条件をクリアーする必要がある建売住宅ですが、屋根の形状によっても施工方法に変化が出てきます。

通常の三角屋根であれば屋根中央への屋根馬設置で行けますが、片流れの屋根の場合はそうはいきません。

最近の家は軒の出も大きいので、壁への側面設置も厳しい場合が多いですよね。

そんな時は、屋根の側面に当たる「破風」部分への設置がおススメです。

破風であれば比較的低い位置への設置が可能ですし、足場がなくても施工可能な家屋が多いと思います。

建売住宅のアンテナ工事においては、かなり現実的な施工方法になるでしょう。

まとめ

上記のように、アンテナ工事はアンテナ線の位置や屋根の形状などによって施工方法が変化します。

建売住宅では、アンテナ線の位置を今更変えられないので、どうしてもアンテナの種類や施工方法が制限されてしまうんですね。

ついでですが、アンテナ機器が4K対応になっているかどうか確認しておいた方がいいですよ。

分配器やテレビコンセントなど、4K対応になってない場合は、交換しなければ4K放送の受信ができないですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク