平面アンテナはどれを選べばいい? 受信状況もチェックしましょう

シェアする

地上デジタル放送用のUHFアンテナの一つである平面アンテナ。

素子アンテナはほとんどがアルミ素材でできており、どのアンテナも見た目がほぼ一緒ですが、外観重視の平面アンテナには色にも大きさにも種類があります。

今回は、そんな平面アンテナにはどのような種類があって、どのような商品を選べばいいのかを説明していきます。

色と大きさに差がある

まずは色です。

BSアンテナなどの衛星アンテナはほとんど白1色しかありませんが、平面アンテナはどのメーカーも数色ラインナップされています。

壁にそのまま設置するケースが多いため、壁の色に合わせて選ぶのがいいでしょう。

だいたいホワイトとブラウンとブラックの3種類です。

メーカーによって微妙に差がありますので、後は好みで選びましょう。

次にサイズですが、基本的に平面アンテナはサイズが大きければ大きいほど性能が高くなると言って良いでしょう。

20素子相当と呼ばれる最も売れているスペックのものと、26素子相当というハイグレードのものを比べてみると、後者の方が一回りサイズが大きいと思ってください。

小さいものが欲しくても受信ができなければ意味がありませんので、お住まいの地域の受信状況のチェックが大切になってきます。

平面アンテナを使いたくても条件をクリアーしなくては受信できませんので、こちらの記事も参考にしてみてください。

アンテナ受信をする場合、できれば見た目のいいアンテナを使用したいですよね。その代表的なアンテナが平面アンテナですが、使いたくても使えない場合があるんです。この記事で理由をチェックしてから購入を考えましょう。

ブースター内蔵型

もう一つはブースターが内蔵されているか否かの違いです。

ブースターとはテレビの電波レベルを増幅させてあげる機器で、その機能が備わっているかどうかの違いとなります。

見た目はほとんど同じなんですが、平面アンテナの中にブースターが内蔵されているかどうかで、受信の性能や価格も大きく変わってくるんですね。

勿論、ブースター内蔵型の方が金額は高くなります。

こちらも受信環境によって選択することになりますが、一般的にはブースターは別で設置するケースが多いため、ブースター非内蔵型で問題ないでしょう。

お住まいの受信環境や取り付けたい場所の受信レベルが低い場合などは、このブースター内蔵型アンテナでレベルを補いつつ受信します。

ブースターには電源が必要となりますので、どのように電源を送ってあげるかなどを考えると、お住まいのお宅のテレビ系統にも大きく関わってきてしまいます。

ブースター内蔵型を使用する場合はプロの施工業者にお願いするのがベストだと思いますよ。

まとめ

一口で平面アンテナといっても、色々な種類があるんですね。

従来の素子アンテナと比べると、見た目が良い分こちらを選びたくはなりますが、性能的にはちょっと弱くなってしまいます。

どうしても受信環境が大きく影響してきてしまうので、周囲の家屋の受信状況なども参考にしながら決めましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク