平面アンテナでは受信ができない?使用できない3つの理由とは

シェアする

新築を建てたり、アンテナ設備をリフォームしたりする場合、出来れば見た目のいい平面アンテナなんかを取り付けたいですよね。

でも、使用したくても使用できないケースが結構多いんです。

平面アンテナで受信することが難しい理由とはなんでしょうか。

受信性能に劣る

平面アンテナは、従来の素子アンテナと比べると残念ながら受信性能が落ちます

アルミ金属剥き出しの素子アンテナは、電波の受信には最適の形状をしており、受信性能では平面アンテナに勝ち目はありません。

テレビの受信環境が良い地域なら問題ありませんが、もともと悪い地域では、性能の段階で平面アンテナの使用がNGとなってしまいます。

ブースター内蔵型の平面アンテナなど、ハイグレードな平面アンテナも発売されてはいますが、アンテナ自体の受信能力を変えることはできないので、電波の弱い地域では素子アンテナの方が安定しますね。

高さが出せない

屋根の上に設置するケースがほとんどの素子アンテナに対し、平面アンテナは壁に取り付けるため、比較的低い位置での受信となります。

電波の飛んでくる方向に何もなければ問題ありませんが、同じくらいの高さの建物があるだけで、電波を遮られてしまいます。

特に隣地境界が狭い分譲地などでは、お隣の建物が邪魔して受信できないケースが多いですね。

今現在は空き地でも、将来的に建物が建つことが想定され電波障害が懸念される場合は、平面アンテナの使用を避けたほうが無難です。

設置する壁面が限定される

平面アンテナにも指向性があり、電波の到来方向に向けなくてはなりません。

壁の裏側から飛んでくる電波は受信できないため、到来方向にアンテナを向けることができる面にしか設置できないんです。

その面が玄関側だとアンテナが目立ちますし、隣地が迫っているとハシゴがかけられず、メンテナンスにも困ってしまいます。

BSアンテナは南西に向けることが決まってますので、壁面設置の場合は南か西の壁に取り付けるケースがほとんどです。

平面アンテナも同じような位置に付けたいところですが、電波塔の場所に影響されるので、必ずしもそうできないんですよね。

まとめ

上記の3つの理由により、平面アンテナを使用できないケースが結構あるんです。

見た目が良いだけじゃなくて、風の影響を受けづらいなど、優れた点も多いんですけどね。

3つとも条件をクリアーできていれば、文句なし平面アンテナをお勧めしますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク