ここって強電界?それとも弱電界? テレビの電波の強さはどう調べればいい?

シェアする

当サイトでも度々出てきますが、電波の強さを表現する際に「電界」という言葉を良く使います。

テレビの電波が強い地域は強電界、弱い地域は弱電界、それなりの地域は中電界です。

アンテナの工事をされている方はもちろんですが、室内アンテナでテレビを受信したい人など、一般の方でもお住いの場所がどの電界にあたるのかを知りたい時がありますよね。

今回は、アンテナを設置する場所がどの電界地域にあたるのかを調べる方法をご説明していきたいと思います。

明確な区分けはない

本末転倒かもしれませんが、実は電界地域の明確な区分けはないと言っていいと思います。

某アンテナメーカーの表記では、アンテナでの出力レベルが65dB以上の地域が強電界地域、55dB以上の地域が中電界地域、45dB以上が弱電界地域という表現をしています。

対して、別のメーカーの表記では、アンテナでの受信レベルが80dB以上で強電界地域、70dB以上で中電界地域、60dB以上で弱電界地域としています。

出力レベルと受信レベルでは測る場所が違いますし、受信するアンテナや、そのアンテナを設置する位置に関してもしっかりとした定義がありません。

「だいたいこの位」という程度のニュアンスでしかなく、判断が難しいんです。

それに一般の方からすると、何dBと言われても、測定器も無いですし、測りようがないですよね。

受信エリアの目安をサイトでチェック

A-PAB(一般社団法人放送サービス高度化推進協会)という団体が運営しているサイトで、地上デジタル放送の受信エリアの目安を見ることができます。

放送エリアのめやすの公式ページ → http://apab-tv-area.jp/

郵便番号や町名までの住所を入力すると、メインの放送局の受信範囲が地図上に反映されます。

中継局の位置も登録されていて、クリックすることでその中継局の受信範囲もわかるようになる仕組みです。

この範囲内に入っている場所は、基本的にはアンテナでテレビが受信できるという目安になるものですので、中電界地域以上と考えていいでしょう。

中継局によって電波の送信出力が違ったりしますので、これだけでは強電界かどうかの判断は難しいですね。

とにかく電波塔に近ければ近い程、強電界に近づくと思って間違いはありません。

目視でチェック

上記の目安で確認し、後は補足を加えて判断しましょう。

都道府県の県庁所在地にお住まいの方は、メインとなるテレビ塔の出力が高いため、中電界以上の可能性が高いでしょう。

電波塔が目視で見える様な場所であれば、かなり電波が強いと考えられるため、強電界と思っていいでしょう。

隣家などのアンテナをチェックしてみて、受信性能が低めの平面アンテナや小型のアンテナが多く見られる場合は、中電界地域以上の可能性が高いでしょう。

逆に素子型アンテナしか見当たらず、それどころかかなり大きめの素子アンテナが付いているようなら、弱電界地域の可能性が高まりますね。

ケーブルテレビばかりでアンテナ自体がほとんど無い場合も受信が悪い可能性が高くなります。

これらの状況をチェックしてみて、総合的に判断してみてください。

まとめ

テレビの電波は様々な障害物の影響を受けますし、使用するアンテナの性能によっても左右されてしまうため、確実に視聴できるかどうかを調べるには実際にアンテナを使って受信してみるしか方法はありません。

強電界地域だからといって、必ず受信できるとは限らないんです。

逆を言うと弱電界地域だからと言って、アンテナでの受信が出来ないわけではありません。

ブースターなどを駆使すれば、全国的にも殆どの地域でアンテナ受信は可能です。

室内アンテナは一気に受信感度が落ちてしまうので、十分にリスクを加味して購入を検討しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク