テレビのブースターの上手な調整の仕方とは

シェアする

テレビ電波のレベルを上げるブースター。

今ではほとんどのお宅のテレビ設備において、標準的に使用されるようになって来ました。

単純にレベルを上げるだけではなく、BSアンテナへの電源の供給という役割も担っています。

しかしながらブースターは、何の調整もしないままでは、逆にテレビ電波の画像を悪くする可能性があるんです。

ブースターの性能に合わせて、適切に調整しましょう。

入力ATTの使用

ブースターには定格出力という値があり、この数値を超えてしまうと、逆に映像に悪影響を与えてしまいます。

定格出力についての詳細は、こちらの記事を見てみてください。

ブースターの性能を表す重要な数値となる「定格出力」という言葉をご存知でしょうか。ブースターを調整するうえで、この数値を知っているのと知らないのとでは精度が大きく変わってきます。合わせて入力のレベルも知っておきましょう。

また、標準入力値という値も有り、こちらもオーバーすると画像劣化の原因となってしまいます。

そんな時の調整に最も利用されるのが「入力ATT」です。

入力アッテネータと呼びますが、日本語に直すと入力の減衰器となります。

ブースターに入ってくるレベルが高すぎる時に、レベルを強制的に下げる機能と思ってください。

現在のブースターにはほとんど付いているでしょうか。

スイッチになっていて、0と-10の切り替えが多いですね。

例えば、利得40dB、定格出力110dBのブースターがあったとします。

入力レベルが80dBだった場合、単純に40dBを足すと出力は120dBとなってしまい、定格出力を超えてしまいます。

そんな時、この入力ATTのスイッチを-10に切り替えると、入力レベルが80dBから70dBに強制的に下がります。

入力が70dBなら、40dBを足しても110dBとなり、定格出力内に収まりますよね。

ゲインコントロールで調整する

もう一つの調整機能がこのゲインコントロールです。

簡単に言うと利得調整のツマミです。

だいたい0から10までの間を調整できるツマミになっていて、利得を10dB程度引き下げることが出来ます。

利得が40dBのブースターだった場合、ツマミのMAXが40dB、MINが30dBになると考えてください。

利得40dB、定格出力110dBで、入力レベルが85dBだった場合、入力ATTを使って10dB引き下げても入力レベルは75dBです。

このままでは定格出力を超えてしまうので、ゲインコントロールでツマミを半分辺りまで絞り、利得を40dBから35dBくらいにまで調整します。

すると、75dB+35dBとなり、出力は110dBで定格出力内に収まりました。

まとめ

大体のブースターは、この二つの機能で20dB程度の調整が可能となっています。

特殊な条件を除き、20dBの調整が出来れば、ブースターの定格出力を超えずに出力することが出来ると思います。

最近では定格出力を超えてしまうケースが増えていることから、入力ATTを-10に運用した状態で出荷するメーカーも多いようです。

特に、全国どこでも安定したレベルが受信できるBSアンテナ側は、入力レベルが高くなる傾向にあるため、入力ATTの使用頻度が高いですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク