CATVブースターなどに搭載されている「チルト」って何?

シェアする

テレビのブースターには様々なスイッチ類が付いています。

一定のレベルを減衰させるアッテネーターや、増幅するレベルを調整するゲインコントロール。

加えて、高価なブースターになると「TILT(チルト)」と呼ばれるスイッチが付いているんです。

チルトとは、一体どのような役割を果たすスイッチなんでしょうか?

レベルを均等にする

エレコム(DXアンテナ) CW40M CS/BS-IF・CATVブースター

上記はCATVとBS・CSのブースターですが、CATV上りと下り、BS・CSのそれぞれの項目に「TILT(チルト)」のスイッチが付いているのがわかります。

このブースターには、スイッチになっているものとツマミになっているものの2種類が付いていますが、どちらも役割は同じです。

チルトとは、簡単に言うとチャンネル毎のレベル差をなくして均等にするもの。

テレビの電波は、周波数の帯域が高ければ高いほど、レベルの落ち方が激しくなります。

UHF13ch(473MHz)とUHF52ch(707MHz)では、52chの方がレベルが落ちやすいということです。

ブースターには定格出力というものがあって、この値を超えると映像にノイズが入るなどの障害が発生します。

チャンネル毎のレベル差が激しすぎると、レベルの高いチャンネルが定格出力を超えないように調整しなくてはならず、レベルの低いチャンネルを十分に増幅できない恐れがあるんです。

そんな時に、このチルトを使用するんですね。

低い周波数のレベルを下げる

このチルトを使用する場合、一般的には低い周波数のレベルを下げるようにします。

同軸ケーブルや様々なアンテナ機器を通過することで、周波数の低いチャンネルよりも高いチャンネルの方がレベルが落ちてしまいます。

低い方のチャンネルレベルを下げることで、高い方と均等にしてやるんですね。

ブースターによって様々ですが、スイッチ一つで数dB落とすものや、ツマミで調整するものもあります。

いずれにしても、測定器などでレベルをチェックしながら均等にしていきましょう。

ケーブルテレビや大型施設で

高い周波数の方がレベルが落ちやすいといっても、そんなに簡単に差が生まれる訳ではありません。

一般の戸建住宅程度のテレビ設備では、ほぼ気にする必要はありません。

何十キロも電柱伝いにケーブルを這わせているケーブルテレビや、ブースターを何台も繋げて伝送する大型の施設などで使用する機能だと思っていいでしょう。

ですから、一般家庭用のブースターには、基本的にチルトスイッチは付いていませんでした。

ただ、4K8K衛星放送が始まることで受信チャンネルが増えることから、4K8K対応の新商品にはチルトスイッチが搭載されたものが出始めています。


4K/8K放送対応用 UHF・BS・CSブースター 35dB型 UBCBW35

今後は、家庭用ブースターでもチルトスイッチ付きがスタンダードとなるかもしれませんね。

まとめ

チャンネルが増えれば、その分周波数が必要になります。

4K8K衛星放送は、周波数帯域が3224MHzまで広がりますので、チャンネル毎のレベル差も大きくなるでしょう。

レベルを均等にするチルト機能も、今まで以上に重要になるかもしれません。

簡単な知識だけでも持っていると、いざという時に役に立つかもしれませんよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク