テレビアンテナのケーブル(同軸ケーブル)の種類

シェアする

テレビの電波を乗せて運ぶケーブル。

アンテナケーブルの事を同軸ケーブルといいますが、この同軸ケーブルにはどのような種類があるんでしょうか?

皆さんが住んでいる家のケーブルは何を使ってるんでしょうね。

S-5C-FBが主流

ここ20年ほど主役の座を守り続けているのが、S-5C-FBというケーブルです。

新しく建てる一般戸建てやビル、マンションなどの、屋内の配線はほとんどこの同軸ケーブルを使っていると思います。

S-5C-FBの「S」はsatelliteのS、つまり衛星放送対応を表します。

「5C」は同軸ケーブルの太さを表す数字で、屋外などで使うちょっと太めのケーブルは7Cだったり、宅内のテレビに繋ぐケーブルなどは、細めの3Cのケーブルを使用したりします。

ケーブルが太ければ太いほど、テレビ電波の落ち方が少なくなり、外部からの異常電波の影響も受けづらくなります。

屋外は光ファイバー

宅内で使用するケーブルはS-5C-FBが主流となりますが、屋外で使用する場合はまた違ったケーブルが使用されたりします。

世の中にはアマチュア無線やタクシー無線、航空レーダーやWi-Fiの電波など、テレビ以外にも様々な電波が飛んでおり、屋外ではそれら異常電波の影響を受けやすい傾向があります。

また、雨ざらしであることや直射日光の影響も受けますので、腐食しづらい対候性が重要となんですね。

アンテナから宅内に入るまでのちょっとした距離であればS-5C-FBがそのまま使用されるケースが多いですが、共同アンテナを使用して母屋と離れを繋ぐケーブルなど、距離が長くなる場合はS-7C-FBなどの径が太いケーブルが活躍します。

電柱伝いに各家屋にテレビ電波を届けるケーブルテレビ光テレビなどの長距離伝送の場合は、同軸ケーブルではなく光ファイバーを使用するのが主流になってますね。

同軸ケーブルと比べて伝送できる容量が圧倒的に多く、伝送によるレベルの低下が非常に少ないため、ケーブルテレビの多くがこの光ファイバーに切り替わってきています。

施工が難しかったり価格が高いなどの問題はありますが、高精細でデータ量の多い4K8K衛星放送が始まれば、より一層需要が高まるでしょう。

古いケーブルは衛星放送に対応できない

それこそ25年以上前の建物になってくると、S-5C-FBではなく、5C-FVや5C-2Vといった同軸ケーブルが使われているケースが増えてきます。

これらのケーブルは、「S」が付いていないことからもわかるとおり、衛星放送に対応しておりません

全く通らないと言う訳ではなく、BSやCSといった衛星放送を流すと、レベルの落ち方が激しいという意味です。

アンテナケーブルを張り替えるのは非常に大変な作業で、費用もそれなりにかかってしまうため、無理やり既存のケーブルを使用してBS放送を視聴している家屋も割と多いと思います。

今度始まる4K8K衛星放送は更に高い周波数を使うため、さすがに5C-2Vなどのケーブルの使用は難しいでしょうね。

4K8K衛星放送について詳しく知りたい方 → こちらをチェック

まとめ

同軸ケーブルはの接続は、基本的にはF型接栓というものを使用します。

この接栓は、同軸ケーブルの太さによってかわってきますので、5Cには5C用を、3Cには3C用の接栓を使う必要があります。

接栓の施工方法をまとめた記事もありますので、宜しければチェックしてみてくださいね。

テレビの接続は接栓で行うのが基本です。接栓を取り付けるのって難しいと思いますか?実は意外と簡単にできちゃうんです。加工品も売ってますけど、自分で取り付ければコストは大きく削減できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク