テレビの配線方法 送り配線とスター配線の違い

シェアする

テレビの屋内配線には、「送り配線」と「スター配線」の2種類があります。

最近ではスター配線が主流となっていますが、少し前までは送り配線を使う建物が数多く見られました。

それぞれメリット、デメリットがありますので、簡単に特徴を説明していきます。

送り配線はコストが安い

送り配線の最も大きなメリットは、配線にかかるコストが低いということでしょう。

図のような配線でいくと、途中に機器を接続はしますが基本的に配線は1本でいいため、工事にかかる手間は少なくて済みます。

しかし、途中で接続する中間用のテレビコンセントはレベルの落ち方が非常に激しく、配線の先に行けば行くほどレベルが低下していきます。

中間用テレビコンセントからテレビに接続する場合、地上デジタル放送で約12dB、CS放送に至っては約15dBものレベルが落ちる計算です。

もともとの受信レベルが高い場合や、高性能のブースターを使用するなど、レベル低下を計算して問題がないか確認のうえ、施工するべきでしょう。

スター配線はレベル低下が少ない

スター配線は、図のようにテレビを観たい箇所全てに配線を1本ずつ持っていく配線方法です。

したがって、4箇所であれば4本の配線が必要となり、送り配線と比べて工事のコストは高くなってしまいます。

しかし、分配器で分ける際にレベルは落ちるものの、中間用のテレビコンセントと比べれば落ち方が少なく、4分配器で地上デジタル放送が8dB程度、CS放送でも11dBくらいです。

加えて、分配器の場合は各箇所に均等に電波を配分しますので、レベルも均等に揃います。

1箇所だけ映りが悪いなどの症状が出ることが少なく、メンテナンス上も対応が非常に楽になります。

最近の建物はスター配線が多い

テレビの電波は、使用する周波数が高ければ高いほどレベルは落ちやすくなります

近年は高い周波数のBSやCS放送の視聴が多くなってきており、以前よりレベルの確保が大切になってきました。

そういった点から、多少手間がかかっても、安定したレベルで伝送できるスター配線が増えてきたんですね。

ただし、今でも送り配線を使った建物が建てられてはいますし、一昔前までは送り配線が主流でしたので、改修などの工事の際には注意が必要です。

特に2018年12月からスタートする4K8K衛星放送は、今までの衛星放送よりももっと高い周波数で飛んできますので、レベルの低下には十分に気をつけましょう。

4K8K衛星放送とは → 記事はこちら

まとめ

4K8K衛星放送の使用周波数は最高で3224MHzとなり、レベルの落ち方もこれまでとは比にならないほどです。

改修工事は致し方ないとしても、新築の工事の際にはスター配線が必要不可欠になりそうです。

送り配線方式は徐々になくなっていくんでしょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク