いろんなF型接栓 簡単に施工できるコネクターがあります

シェアする

テレビの同軸ケーブルに使うF型の接栓。

アンテナの工事をされる方はもちろんのこと、一般の方でも慣れてしまえば比較的簡単に加工が可能です。

接栓の取り付け方法を知りたい方 → こちらの記事もチェック

でも、もっと簡単に施工ができるとしたらどうでしょうか?

今回は、各メーカーから出されている簡単施工の接栓をご紹介していきます。

リングがいらない接栓

マスプロ電工のEZFP5という商品。

通常のF型接栓にはリングというものが付いており、ケーブルを差し込んだ後、固定するためにリングでしっかりと根元を締め付ける必要があります。

このEZFP5は、リングいらずで同軸ケーブルをそのまま差し込むだけでしっかりと固定ができます。

根元部分に「返し」がついており、差し込んだ同軸ケーブルが抜けない仕組みになってるんです。

最初は同軸の長さが微妙でやり直したいと思っても、取り外しが難しくて苦労します。

ただ、慣れると非常に簡単ですね。

取り外しもできる簡単接栓

日本アンテナ製、F-5S-SPという商品。

このF-5S-SPは、根本をネジのように回して同軸ケーブルに接続することで、マスプロ電工製同様にリングがなくてもしっかりと固定することができます。

通常の接栓では本体とリングが別々になっているため、リングだけなくしてしまったりすることが頻繁にありました。

もともとリングがいらなければ、なくすこともありませんしね。

加えて日本アンテナ製は、根本を逆方向に回せば簡単に取り外せるためやり直しが利きます。

この点もポイントが高いですね。

根本は一緒も接続簡単

サン電子製のF-5Lという商品。

こちらの商品は、根本にはリングも必要で一見通常接栓のようですが、機器への接続部分がワンタッチでできる接栓です。

頭部分がねじ切りではなく締め付けるような構造になっており、軽く半回転程度回すだけでしっかりと締め付けます。

スパナやモンキーレンチのような工具が不要で、片手でも締め付けられるため作業時間が大きく削減できるでしょう。

価格も通常接栓と大差がなくて良心的ですね。

まとめ

F型の接栓にも様々な工夫があり、施工がしやすいものが結構あるんですね。

いずれも国内メーカーが作っている接栓で、安心して使用できます。

それぞれに利点がありますし、慣れると通常品より早く施工ができるでしょう。

後は価格的な問題でしょうかね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク