接栓(コネクター)の作り方 同軸ケーブルに取り付ける方法 

シェアする

一般の方にはあまり馴染みのない言葉かもしれませんが、写真にある接続用金具のことを接栓やコネクターと呼びます。

アンテナ機器の接続に使われる接栓は「F型」と呼ばれるもの。

ですから、F型接栓やF型コネクターなんて言い方をします。

最近ではでテレビへの接続も接栓を使用しているケースが多いので、もの自体は見たことがある方も多いかもしれません。

テレビ設備の工事において、機器への接続は接栓での接続が基本となっています。

施工業者は慣れたものだと思いますが、一般の方は接栓の取付方法ってなかなか知らないですよね。

既に接栓が加工されたケーブルなんかも売ってはいますが、やってみると割と簡単に加工できますので、DIYでやってみるのもいいかと思います。

今回は、そんなF型接栓(コネクター)の同軸ケーブルへの取り付け方法について説明していきます。

用意する物

  • 同軸ケーブル(アンテナケーブル)
  • F型接栓(コネクター)
  • リング
  • カッター、ハサミ、ペンチ等の工具

取り付けたい同軸ケーブルとF型接栓本体、リングは接栓に付属されてると思いますので、なくさないようにしましょう。

同軸ケーブルを剥いたりするのに使用するカッターと、いらない部分を切り取るハサミ、最後に圧着するペンチがあればOK。

一般的によく使われる同軸ケーブルは5Cというサイズです。

5Cには5C用のF型接栓を用意します。

4Cには4C用のF型接栓が必要になりますので注意してください。

ケーブルのサイズに合わせた接栓がいるということです。

接栓の取付方法

①ケーブルの被覆を剥がす

被覆(外の皮部分)をカッターで切って剥がします。

一周ぐるっと切り込みを入れて、最後に縦に1本切ると剥がしやすいです。

剥いたらこんな感じ。

力を入れ過ぎると中の編組まで一緒に切ってしまうので、慣れるまでは力は軽めがいいでしょう。

被覆部分は柔らかいので、そんなに力はいらないです。

②編組を折り曲げる

編組と呼ばれるアミアミの部分を反対側に折り曲げておきます。

接触不良を起こす可能性があるので、1本も残さず全部折り曲げましょう。

③アルミを剥がす

根元部分に切り込みを入れてアルミを剥がします。

銀色のアルミ部分は非常に薄いので、軽くカッターで切り込みを入れるだけで簡単に剥がれます。

④発泡ポリエチレンを取り除く

白い部分(発砲ポリエチレン)を取り除きます。

割とぶ厚いですが、ここも素材が柔らかいので軽く押すだけで切れていきます。

中央まで刃が入ったら、くるっと一周させて白い部分だけスポッと抜く感じ。

力を入れすぎて芯線(真ん中の銅線)を切ってしまわないように注意しましょう。

取り除くと上記のようになります。

⑤リングを入れる

先にリングを入れておきます

本体を先に入れちゃうと、後からリングは入れられないので。

一番最初に入れておいてもいいんですけどね。

⑥接栓本体を押し込む

接栓本体を先の方からグッと押し込みます。

アルミと編組の間に入るようにしましょう。

アルミがめくれると押し込むのが難しくなるのでちょっと慎重に。

ケーブルによっては結構固いので、場合によってペンチなんかを使ったほうがいいかも。

⑦編組を切る

アミアミ部分(編組)を切りとります。

ハサミやニッパーなんかで切っちゃってください。

そんなにキレイに切る必要はないので、リングで隠れる程度にザックリと切っちゃいましょう。

⑧リングをかしめて芯線を切る

リングを接栓本体にくっつけるようにして、リングの爪部分をペンチを使ってしめます。

たまに爪部分がついてない、まん丸のリングもあります。

ちょっと挟みづらいですが、滑ってケガをしないように慎重に締めてください。

最後に芯線を切って出来上がり。

芯線は本体からちょっとだけ出るくらいが丁度いいでしょう。

まとめ

難しいようでいて、やってみると簡単にできます。

初めての方でも15分程度でできちゃうんじゃないでしょうか?

根元のケーブルの加工が難しいとか面倒くさいという方は、専用の加工工具もでています。

これ一つ持っていると作業も楽にできますね。

↓こちらです↓

昔は接栓を使わず、アンテナケーブルの芯線を剥き出しにして、そのままビスで止めるような接続が多かったですが、明らかにこちらの方がしっかりとした接続になり、電波の入り込みや漏洩も防げます

特に最近は4K8K衛星放送など、高い周波数のテレビ電波が多くなってきており、異常電波などの影響も受けやすくなってきています。

できるだけ接栓を使った接続が望ましいですね。

上記の説明でも加工が難しかったり面倒だったりする場合は、もっと接続が簡単な特殊な接栓発売されています。

それらの接栓を特集した記事を書いてますので、気になる方はチェックしてみてください。

↓こちらです↓

F型接栓にも色々な種類があります。通常の接栓ではなく、様々な工夫で施工が楽になる特徴があります。慣れると非常に早く施工ができますので、知っておいて損はないでしょう。

この機会に、ビス止めの製品をお使いの方は、接栓に変えてみてはいかがですか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク