分配器と分岐器の違いとは

シェアする

見た目はほぼ同じで、テレビの電波を分けるという役割も同じの両者。

この2つの機器の違いご存知でしょうか?

分配器と分岐器、同じように使用すると痛い目を見ることになるかもしれませんよ。

電波レベルの落ち方が違う

両者の最大の違いは、テレビ電波のレベルの落ち方が違うという点です。

こちらは2分配器と1分岐器を表した図です。

1つの信号を均等に2つに分けるのが2分配器。

1つの信号から枝分かれを1つ作ってあげるのが1分岐器です。

いずれも出口は2つですが、分岐器の方は枝分かれ(BL)が1つでOUTが1つとなります。

2分配器の方は均等にレベルが落ちますので、例えば地上デジタル放送ならば、2つのOUTどちらも4dB程度のレベル低下となります。

対して1分岐器の方は、BL側は大きくレベルが落ちますが、OUT側はほとんどレベルが低下しません

枝分かれのBLと、そのままスルーして出ていくOUTで大きくレベル差が発生するのが分岐器なんですね。

分岐器は大型の建物で活躍

均等にレベルが落ちる分配器は非常に使いやすく、ほとんどの建物において、各部屋に分配する役割として利用されています。

対して分岐器は、一般住宅ではほぼ使用されません

ビルやマンションといった大型の建物で、長い距離を同軸ケーブルで伝送する場合に、そのメインケーブルのレベルをなるべく落とさずに使いたい時に使用されます。

一般住宅のようにテレビコンセントの箇所が少ない場合はあまり影響ないですが、建物が大きくなり分配数が多くなると、僅かなレベル差が重要になってきます。

そんな時に分岐器を使用してレベルを調整してやるんですね。

まとめ

分配器は2分配から7を飛ばして8分配器までの6種類、分岐器は1分岐と2分岐、4分岐器と3種類のラインナップがあります。

見た目はほぼ同じですが、安易に分岐器を使用すると、BL側の大幅なレベル低下で痛い目を見るかも。

しっかりとしたレベル計算の上で、有効に使用してください。

分配器や分岐器のスペック表の見方が知りたい方はこちらをチェック。

分配器や分岐器のスペック表を見たことがあるでしょうか。説明書やカタログなどを見ると載っているんですが、〇〇損失という項目がいくつもあって、どこの損失のことなのかが良くわからないんですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク