4Kアップコンバート機能とは 地上デジタル放送もブルーレイも4K映像になる?

シェアする

「今4K対応テレビを買っても放送も始まってないしチューナーも内蔵されてないし、もう少し待ったほうが・・・」なんて思っていませんか?

スカパー!プレミアムサービスやケーブル4Kなど、一部では4K放送が始まっていますし、YouTubeやAmazonプライムビデオなど、動画配信では既に4K化が進んでいます。

しかも、今のテレビには4Kアップコンバートなる機能が・・・。

一体どのような機能なんでしょうか?

アップコンバートとは

アップスケーリングや超解像化など、言い方が統一されていなかったんですが、ここにきて「アップコンバート」という言葉が多く使われるようになってきましたね。

「アップ」は上に、「コンバート」は変換を意味します。

簡単に言うと、地上デジタル放送やブルーレイディスクなどの4K画質に満たない放送を、4Kにほど近い映像に再構築してくれる機能ということです。

出典:一般社団法人放送サービス高度化推進協会(A-PAB) 4K8K放送 リーフレットより抜粋

現在発売されている4K対応テレビのほとんどに、このアップコンバート機能が搭載されております。

ですから、あまり詳しい知識をお持ちでない方が4K対応テレビを買って、まだ4K放送が本放送を開始していないにもかかわらず「さすが4Kテレビ、綺麗に映るわ!」などど言っていても、それはあながち間違いではないんです。

従来のテレビで地上デジタル放送を観るのと、4K対応テレビで地上デジタル放送を観るのとでは、後者の方が綺麗な映像で観れるということですね。

4K放送は必要ないんじゃないか?

「じゃあ、わざわざ4K放送を開始しなくても、今観れている放送をアップコンバートすればいいじゃないか」とお思いでしょう。

確かにその通りですが、さすがに4K対応のカメラで撮った純粋な4K映像を4Kテレビで観るのと比べると、アップコンバートした映像は若干画質が落ちるんです。

また、各メーカー独自の技術でアップコンバート機能を搭載していますので、テレビによっても少し差が出てきます。

パンフレットなどを見ると、各メーカー独自技術を高らかに謳っていますが、実際にアップコンバートした映像同士を見比べないことには差がわかりませんよね。

まとめ

アップコンバート機能が備わったことで、4K対応テレビの存在感が一気に高まった気がします。

最初に話しましたように、動画配信サービスなどは4K対応が徐々に進んできていますし、4K8K衛星放送の開始を待たなくても十分に楽しめそうです。

今後更にアップコンバートの技術が進んだら、ほんとに4K放送がいらなくなるかもしれませんが、8Kだとか16Kだとか・・・。

高精細化に向かう技術の進化は止まらないでしょうね。

4K放送に関して詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

4K8K衛星放送のことを17個にまとめて書いてみました。この位の知識があれば、だいたいは理解したと考えていいのではないでしょうか。それぞれさらに詳しい記事も書いていますので、より詳しく知りたい方はそちらもどうぞ。

※ 追記

東芝がライバルメーカーに先んじて、2018年12月からスタートする4K8K衛星放送に対応した4Kチューナー内蔵のテレビを発売しました。

2018年6月に4Kチューナー内蔵液晶テレビを4機種。

2018年7月には4Kチューナー内蔵有機ELテレビを2機種発売しました。

このテレビであれば、別途チューナーを設置しなくても4K8K衛星放送のうち4K放送をチューニングして視聴することができます。

他メーカーも12月の本放送を前に、順次発売していきそうです。

4Kチューナー単体での発売は、予定通り秋頃を目途となりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク