4K8K放送を観るには別途チューナーが必要って本当?

シェアする

本当なんです。

4K対応テレビを購入して、「早く放送始まらないかなあ」なんて思っている方多いでしょうね。

でも、テレビを接続するだけでは2018年12月から始まる4K8K衛星放送は視聴できませんよ。

4K8K対応チューナーは2018年秋頃から発売予定

4K8K衛星放送は、これまで観れているチャンネルが4K8K放送にグレードアップするということではなく、新たに4K8K放送というチャンネルが増えると考えるとわかりやすいですね。

今までのBSデジタル放送は従来のまま放送されるので、今のチューナーでも受信が出来ます。

ただ、新たに加わる4K8K放送を受信しようと思うと、それに対応したチューナーを買って接続しないと映りませんよということなんです。

4K8K放送に関しては、放送のインフラ整備よりも、付加価値を高めたい各メーカーの受信機開発の方が先行してしまったため、このようなことが発生しています。

最近になって認知度も上がっては来ていますが、まだまだ4K対応テレビを買うだけで見れると思っている方は多いでしょうね。

2018年5月時点の4Kチューナー内蔵型テレビはスカパー!4K用

最近になって、<4Kチューナー内蔵>と謳われたテレビが発売されてきました。

注意しないといけないのは、内蔵されているこのチューナーは2018年12月から放送予定の4K8K衛星放送用ではないということです。

あくまで「スカパー!プレミアムサービス」で放送されているスカパー!4K用のチューナーです。

繰り返しますが、4K8K衛星放送用チューナーは2018年秋頃から発売予定です。

それまでの商品は対応チューナーじゃない可能性が高いので、十分理解したうえで購入しましょう。

※ 追記

東芝がライバルメーカーに先んじて、2018年12月からスタートする4K8K衛星放送に対応した4Kチューナー内蔵のテレビを発売しました。

2018年6月に4Kチューナー内蔵液晶テレビを4機種。

2018年7月には4Kチューナー内蔵有機ELテレビを2機種発売しました。

このテレビであれば、別途チューナーを設置しなくても4K8K衛星放送のうち4K放送をチューニングして視聴することができます。

他メーカーも12月の本放送を前に、順次発売していきそうです。

4Kチューナー単体での発売は、予定通り秋頃を目途となりそうです。

それでも4K対応テレビは魅力的です

確かに4K8K衛星放送用チューナーは別途なんですが、それでも4K対応テレビは十分魅力的ですよね。

現在放送されている番組を、一旦壊して4K放送に近い画質にアップコンバートする機能が付いていることで、今までのテレビよりも綺麗に視聴できること。

先に述べたスカパー!4Kやケーブル4K、動画配信サービスなども4K放送を開始してきていること。

4K動画が撮影可能なビデオカメラやスマホが発売されていることなど。

これらのことから、接続することで高精細な4K映像を楽しめるコンテンツは、今の段階でも結構たくさんあるんですよね。

テレビゲームなども4Kに対応してきますし、やっぱりモニターだけでも4Kに対応しているっていうのは魅力があるなあ。

4K8K衛星放送に関する疑問はこちらの記事をチェックしてみてください。

4K8K衛星放送のことを17個にまとめて書いてみました。この位の知識があれば、だいたいは理解したと考えていいのではないでしょうか。それぞれさらに詳しい記事も書いていますので、より詳しく知りたい方はそちらもどうぞ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク