4K8K対応には「SHマーク」が付いた機器を使いましょう

シェアする

2018年12月より新しく始まる4K8K衛星放送

4Kや8K対応テレビの他に専用チューナーや左旋対応BSアンテナ、その他ブースターや分配器などのテレビ設備の対応が必要になってきます。

ただ、どのような機器を使えばいいかわかりづらいですよね。

そんな時はこのマークを探してみましょう。

SHマークが4K8K対応の証

このロゴマークを覚えておきましょう。

出典:一般社団法人放送サービス高度化推進協会(A-PAB)

これは「SHマーク」といって、スーパーハイビジョン受信マークと言います。

4K8K衛星放送で使用される、最高3224MHzの高周波数帯域に対応していることを示しています。

また、2018年4月から施行された電波法の新たな電波漏洩基準にも対応していることを表しています。

簡単に説明すると、このマークが付いているものを使用すれば、4K8K衛星放送に対応できるということですね。

一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)という団体が推進している取り組みで、一定の水準を満たしたお墨付き機器ということです。

DHマークとの混同に注意

以前、テレビ放送の完全デジタル化に伴って「DHマーク」というものが取り決められました。

出典:一般社団法人放送サービス高度化推進協会(A-PAB)

デジタルハイビジョン受信マークといって、こちらも同じくJEITAが認める規格です。

デジタル放送を視聴する上での、一定の水準レベルを有した機器にのみ与えられたロゴマークですが、4K8K衛星放送がない時代に作られたものです。

良い商品であるのは間違いないのですが、4K8K衛星放送に対応しているという証ではないので、勘違いしないよう注意しましょう。

まとめ

上述した電波法の新たな規定によって、4K8K衛星放送で使用するテレビ電波の漏洩基準が厳しくなりました。

この基準を満たしていない機器を使い4K8K衛星放送を受信してしまうと、無線Wi-Fiなどの通信障害や、テレビの受信障害が起きる可能性があります

場合によっては、電子レンジを使用することでテレビに電波障害が出ることも・・・。

電子レンジがテレビの電波に悪影響を与える可能性があるって知ってました?もうすぐ始まる4K8K衛星放送の電波と周波数が被ってしまうので、視聴したい方は今のうちから対策を考えた方がいいかもしれません。

4K8K対応のBSアンテナを設置する場合は、アンテナが漏洩対象となる電波を受信してしまうので、そのあとに接続する機器も基準を満たす機器を使用する必要があります。

SHマークを目印に、基準をクリアーした機器を使用していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク