4K放送を見るには、チューナーだけでもダメ!設備改修も必要?

シェアする

4Kテレビを購入して、チューナーも別途用意すれば4K放送が見れると思ってませんか?

実は、2018年12月からスタートする4K8K衛星放送をフルで視聴するには、それだけではまだ不十分なんです。

では、一体何が必要なんでしょうか?

アンテナの設備が4K8K対応でなければならない

お住いのアンテナ設備が4K8K衛星放送に対応していなければ、電波自体をテレビで受信することができません。

4K8K衛星放送は、これまで視聴しているBSやCS放送に、新たに追加されるチャンネルです。

チャンネルが増えることで使用する周波数帯域が広がってしまうため、アンテナ機器の対応周波数も伸ばさなければならないんです。

電波を直接受信するアンテナは勿論のこと、その電波のレベルを増幅するブースター。

各部屋に枝分かれさせる分配器や、壁から室内に出すためのテレビコンセントまで、電波が通るすべてのアンテナ機器が対応していなければ、全ての4K8K衛星放送を視聴することはできないんです。

ただ、一部のチャンネルだけは今までのBS放送の周波数帯域に組み込まれます。

こちらの記事も併せてご覧ください。

アンテナなどの設備を改修しなくても、絶対に4K放送が受信できないという訳ではないんです。ちょっとややこしいんですが、できるだけ簡単に説明しています。

単独で対応BSアンテナを設置して受信

アパートやマンションなどの集合住宅にお住まいの方は、アンテナの設備改修はかなり大変です。

全体的な改修ともなれば、分譲の場合は他の入居者の同意、賃貸の場合は大家さんに動いてもらわなくてはいけません。

かなりハードルも高くなってしまうため、独自で対応のBSアンテナを取り付けるのが現実的かもしれません。

視聴したいテレビがベランダの近くにあれば、ベランダに取付して直接繋ぐ方法が手っ取り早いでしょう。

比較的設置も簡単ですから、電気店で購入して、ご自分で取り付けることもできますよ。

BSアンテナの設置の方法が知りたい方はこちらの記事もどうぞ。

4K8K放送が始まってくると、より増えてくると思われるBSアンテナの需要。BSアンテナの設置は、電気店に頼むのが一番間違いないとは思いますが、できるだけコストをかけずに行いたいものですよね。意外と簡単にできますよ。

まとめ

4K8K衛星放送をフルで視聴するには、4K対応テレビに専用チューナーもしくは最新の4Kチューナー内蔵4Kテレビ、更には住んでるアンテナ設備の対応がいるんですね。

これから新築住宅を建てる方などは、後からの改修はかなり大変ですので、アンテナ設備が4K8Kに対応しているのか、確認しておいたほうがいいでしょう。

無料放送だけでいいなら、ちょっと話は変わってくるんですけどね。

4K8K衛星放送に関する疑問は → こちらの記事をチェック

スポンサーリンク
スポンサーリンク