4K放送を見るなら、BSセパレーターやコンセントプラグも取り替えましょう

シェアする

4K対応テレビを購入して、本放送の開始を今か今かと待ちわびてる方も多いでしょう。

4K8K衛星放送を観るには、別途専用チューナーが必要なのは知ってますよね?

記事はこちら。

4K対応テレビを購入しても、2018年スタートの4K8K衛星放送は視聴できません。別途チューナーを用意することや、設備の改修が必要な場合も。理解したうえで購入することがベストです。

フルで4K8K衛星放送を観るには、テレビ設備の対応が必要なのもご存知ですかね?

記事はこちら。

4K8K衛星放送を観ようと思うと、テレビはもちろんのこと、専用のチューナーを別途用意する必要があります。でも、それだけでも不十分なんです。何が必要となるのか、説明しています。

でも、そこまで対応してても、テレビ周りの配線関係を忘れてませんか?

テレビやレコーダーの接続部

まず注意したいのがUHF/BS・CSセパレーターです。

テレビやレコーダーの裏を接続する際に使用している分波器ですね。

地上デジタル放送と衛星放送を分ける機械ですが、この機器も4K8Kの周波数に対応してなければなりません。

いくら設備がフル4K8K対応だとしても、古いセパレーターを使用していると、テレビにつながる直前で大きくレベルが低下してしまいます。

設備側が用意してくれるものではないので、自分達で購入しなければなりません。

コンセントプラグも

もう一つ気をつけたいのがコンセントプラグです。

古いコンセントプラグだと4K8K放送が確実に映らないとは言いませんが、大きくレベルが落ちる可能性があります。

従来のコンセントプラグは、同軸ケーブルを剥いて、真ん中の芯線を直接ビスで止める形です。

外部からの異常電波の飛び込みや、伝送しているテレビ電波が漏れ出てしまう「漏洩」が心配です。

接栓加工での取り付けや、ノイズカット性能に優れた4K8K対応のコンセントプラグ、もしくはケーブル自体を対応の加工ケーブルに替えてしまいましょう。

まとめ

4Kテレビやチューナーなどの受信器や、BSアンテナ自体には意識が行くんですが、テレビの接続周りまではあまり気にしたことがないかもしれませんね。

特に新築を建てた場合や、別の住居に引っ越しをする時は十分注意しましょう。

一から接続をするのは面倒なので、配線関係がくっついたままテレビを運んで来がちですが、ちょっとした落とし穴があるんですね。

ちなみにHDMIケーブルも要注意ですよ。

こちらの記事もどうぞ。

4K放送を視聴するのに4K対応テレビが必要なこと、専用チューナーが必要なことはわかりますが、HDMIケーブルも古いものは良くないって知ってました?どんなケーブルを使用したらいいんでしょう?



スポンサーリンク
スポンサーリンク