ブースターの「定格出力」という数値を理解しよう

シェアする

テレビの電波を増幅する機械であるブースター。

実際に作業をする電気工事店の方でも、ブースターと聞くと「利得」は思い浮かぶんですが、「定格出力」や「標準入力」という言葉はあまり馴染みがないようです。

実際にどのくらいレベルを増幅するかの「利得」も勿論大事なんですが、実はこの二つの値を知ると、ブースターの調整が随分し易くなるんです。

定格出力に合わせた調整が必要

それぞれのブースターにある「定格出力」という値。

これは、“ブースターを作動させた時に可能な最大の出力レベル”を指しており、この数値が高ければ高いほど性能が上といえます。

この数値を上回って出力をしてしまった場合、ブースターの許容範囲を超えてしまうため、逆に映像が悪くなってしまいます。

例えば、利得が30dB型で定格出力100dBのブースターがあるとして、テレビの電波が75dBで入力された場合、単純に30dBを足すと出力が105dBになりますよね。

このブースターの定格出力は100dBですから、5dB許容を超えてしまうため、逆に画像が悪くなる可能性があるんです。

その場合は、利得の調整などで出力が100dB以下になるようにしましょう。

標準入力は低くても高くてもダメ

出力の最大値である「定格出力」に対し、入力レベルの目安となる「標準入力」という値もあります。

表記の仕方が一定ではなく、「適正入力」などという言い方もします。

ブースターというのは、テレビのレベルを強くするものであって、画像を良くする機械ではありません。

ブースターに入る前の段階で映像が劣化している場合は、劣化した状態のままレベルを上げることになるため、画像の改善は図れません

また、レベルが高すぎる場合も、定格出力同様にブースターの許容範囲を超えてしまうため、画像を逆に悪くしてしまいます。

「標準入力」は“○○dB~○○dB”という表記となるため、低すぎても高すぎてもいけません。

指定されたレベルを守って入力しましょう。

まとめ

「定格出力」と「標準入力」。

この二つの値を守るように調整することが、テレビ電波を良好に保ちながら伝送するコツです。

ただ単に設置するだけで問題なく受信できちゃう場合も多々ありますが、レベルを正確に測りながら調整してあげるのがベストです。

別の項で調整の仕方を説明していますので、よろしければそちらもご覧ください。

テレビのブースターの調整の仕方ご存知でしょうか?「テレビが映ってるからいいや」といって調整せずにいると、ちょっとしたことでブロックノイズが起きたりしかねません。適正なレベルに調整しておけば、アフターメンテナンスも少なく済みますよ。

いずれにしても、下記のような電界強度計かレベルチェッカーといった、レベルが測れる測定器がないと難しいですけどね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク