テレビ電波のレベル計算の仕方 基礎編

シェアする

アンテナの工事に携っている方にとって、テレビ電波のレベルの落ち方についての知識は身に着けておいて損はないでしょう。

特にテレビ設備の設計をされている方は、レベル計算の方法を知っているのとそうでないのとで、図面の精度が大きく変わってきます。

より信頼性の高い図面を作成するためにも、テレビ電波のレベル計算方法を基本だけでも身につけておきましょう。

まずはレベル計算を行うにあたっての基礎をご説明していきます。

どの程度レベルがあればOKかを知る

まずは、一番レベルが落ちると思われる位置のテレビ端子(最終端末)において、どの程度レベルが保てれば受信に問題がないかを知る必要があります。

こちらの表は、各アンテナメーカーなどが参加しているJEITA(一般社団法人 電子情報技術産業協会)が明示している受信レベルの目安です。

項目望ましいテレビ受信機の入力条件
地上デジタル放送レベル46dBμV~89dBμV
C/N値25dB以上
BER2×10-4以下 
衛星放送レベル50dBμV~81dBμV
C/N値17dB以上
BER2×10-4以下

C/N値やBERは映像の品質に関する数値で、一定の質を有する場合を一つの条件として、地上デジタル放送では46dBμV、衛星放送では50dBμV以上のレベルが、テレビへの望ましい入力レベルということになります。

各単位の意味を知りたい方はこちらの記事をどうぞ → チェック

あくまでテレビへの入力条件ですから、テレビコンセントからケーブルなどを伝って更にレベルが落ちることを想定して、最終端末でのレベルを少し高めに設定します。

おおよそですが、地上デジタル放送で50dBμV、衛星放送で55dBμV程度のレベルが確保できれば、質に問題がなければ映るという判断でいいでしょう。

ただし、設計の依頼元やケーブルテレビ局などから、最終端末について「〇〇dBμVを維持」などという指示がある場合は、そちらに合わせた設計が必要です。

レベル計算する放送を決める

レベルの下限がわかったら、次は計算をする放送を決める必要があります。

テレビ電波は、周波数が高ければ高いほどレベルの落ち方が激しくなります。

したがって、周波数が低い地上デジタル放送と高い衛星放送では、衛星放送の方がレベルが落ちやすいということになります。

同じ機器を通っていても、放送によって最終端末レベルは変わってくるということです。

そもそもBSアンテナを設置しない設備であれば、地上デジタル放送の最も高い周波数(710MHz)を、BSアンテナを設置する場合は4K8K衛星放送の最も高い周波数(3224MHz)を計算しましょう。

一番高い周波数のレベルで問題ない数値が確保できれば、それより低い周波数は必然的に受信ができるということになります。

アンテナ機器はもう4K8K対応品がほとんどになってきましたので、衛星放送の計算も4K8K対応で考えた方が無難でしょう。

どこを基準に減らしていくのか

もう一つ計算をする前に決めておきたいのが、どこを基準としてレベルを引いていくのかということです。

テレビ電波の落ち方の計算ですから、ゼロから足していくのではなく、もともとあるレベルから機器を通過するごとにレベルを減らしていきます。

本来ならアンテナでの受信レベルから計算していくべきですが、設計段階ではどの程度のレベルが受信できるかわかりません。

ですから、レベル計算を行う際は、ブースターの定格出力の値を基準として考えるのが基本となります。

ブースターの定格出力に関する記事はこちら → チェック

定格出力はブースターによって異なりますので、とりあえず30dB型のブースターを基準とするなどして計算を行い、最終的なブースターのグレードを決めていけば良いと思います。

定格出力の値は、各メーカーのカタログやブースター本体に記載されています。

ちなみにこのブースターの定格出力は、地上デジタル放送で約95dBμV、110度CSデジタル放送で100dBμVですね。

地上デジタル放送を計算する場合は、この95dBμVからどんどん減算していくということになります。

まとめ

レベル計算を行う前段階として、上記3点は抑えておく必要があります。

逆を言うと、この3点を理解していれば後は算数と変わりませんので、数値さえ確認できれば問題ないでしょう。

設計だけではなく、テレビの映りが悪いなどのアフターメンテナンスにおいて原因究明を行う際に、レベルの落ち方の基本を知っていると気づきが早くなります。

アンテナ工事に携る方は覚えておくと良いでしょう。

実際の詳しい計算は実践編の記事をご覧ください。

テレビのレベル計算の仕方を説明しています。基礎編を読んだ方はこちらの実践編に進んでください。いきなり実践編に入るとちょっと分かりづらいかもしれません。レベルの計算ができるようになると、メンテナンスなどにおいても役に立ちますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク