地上デジタル放送用のライン(前置)ブースター その役割と使用方法とは

シェアする

ラインブースターという機器をご存知でしょうか?

前置ブースターやプリアンプなんていう言い方もしますね。

一般的なブースターと比べて利得は少ないものの、使用の仕方によっては非常に役に立つ機器てす。

地上デジタル放送の受信難地域でよく使われるこのラインブースター。

その役割と使用方法について説明していきます。

アンテナでの受信が厳しい場合

ブースターですのでテレビの電波を上げてあげる機器なんですが、メインとして使用するのではなく、補う役割として使用するケースがほとんどです。

一般的なブースターの利得が35dBだとして、ラインブースターの利得はせいぜい20dB程度

地域的な障害などでアンテナでの受信レベルが低い場合、メインのブースターに入るまでに画像が劣化しないように、ラインブースターを使ってレベルを補ってあげるんです。

雑音指数という、接続することで発生するノイズの数値がかなり抑えられた機器となっており、極力画像を劣化させずにレベルを上昇させることができます。

アンテナの直下で使用することで、ケーブルを伝ってレベルが落ちるのを防ぐんですね。

電源はメインブースターから

ラインブースターにも電源が要ります。

別途電源部を用意して送ってあげてもいいですが、基本的にはメインブースターの電源部で同時に作動させる方法が多いと思います。

最近のブースターは、前置ブースター用にUHF側への電源供給スイッチが付いています。

このスイッチをONにすることで、ラインブースターが働くんです。

別途メインブースターを設置することを前提とした使い方なんですね。

逆に古いブースターだと、UHF側への電源供給スイッチが付いていない物も多くあります。

その場合、別に電源部が必要となってしまい、コスト的にもメリットが薄くなってしまいますね。

まとめ

受信環境が悪くてアンテナでの受信を諦める前に、一度ラインブースターを使用してみたらいかがでしょうか。

受信がギリギリの場合は、ラインブースターでなんとかなるかも。

もちろん、電源部さえあれば単体としても使用はできます。

使い方次第でなかなか役に立つ機器ですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク