地上デジタル放送の受信が悪い!アンテナ受信を諦める前に試したい3つの方法とは

シェアする

アンテナを建てては見たものの、イマイチ受信が良くなくて安定してテレビが映らない。

そんな時どうしますか?

諦めて光テレビやケーブルテレビにする手もありますが、その前に試してほしい方法を3つプラスαお教えします。

パラスタックアンテナに替える

まず、平面アンテナを使用しているなら素子型に替えましょう。

平面アンテナは素子アンテナと比べると受信性能に劣るので、受信環境が悪い所では厳しいです。

素子アンテナを使用しても厳しい場合は、素子の多いパラスタックアンテナに替えてみてはどうでしょう。

毛虫みたいな形状のパラスタックアンテナは、エックス状に素子が付いているため、通常の素子型アンテナの約2倍程度の素子を持っています。

その分受信性能が高いので、電波の弱い弱電界地域でよく使われるアンテナです。

アンテナ自体が重くなりますので、耐久性も含めた上で使用を検討しましょう。

反射受信を試してみる

正規の電波到来方向に向けて色々調整してみてもダメな場合、思い切ってアンテナを360度回してみましょう。

テレビの電波は山や建物に反射をする性質があるので、場合によっては受信ができるかもしれません。

もともと電波が弱い地域では難しい受信なので、簡単にはいかないかもしれませんが、ものは試しでやってみましょう。

詳しく知りたい方は、反射受信に関するこちらの記事をご覧ください。

正規の方向ではなく反対側を向けて受信する反射受信。通常であれば行わない受信方法ですが、場所によってはこうすることで受信ができるところがあるんです。ある程度条件が揃ってなければ厳しいですが。

ラインブースターを使う

地上デジタル放送の受信がギリギリの場合に効果を発揮するラインブースターという機器があります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

地上デジタル放送の受信が難しい場合、どうされていますか?簡単に諦めるんではなくて、ラインブースターを使ってみてはいかがでしょうか?上手く受信ができるようになるかもしれませんよ。

アンテナ直下でこれを使用することで、レベルが補正されて視聴できるようになる可能性があります。

それほど高い商品でもありませんので、一度試してみては?

それでもダメならNHKに相談

上記3つの方法を試しても受信ができない場合は、さすがにお手上げですね。

設置位置を根本的に見直すか、光テレビやケーブルテレビへの加入も考えなくてはなりません。

もし諦めきれないときは、NHKに相談してみましょう。

NHKは受信料を徴収している手前、テレビを映してあげる責務があります。

NHK総合やEテレの受信が安定しない場合、連絡すると調査をしに来てくれるケースがあります。

もちろん受信料を支払っていることが前提ですけどね。

まとめ

完全デジタル放送化となり、アナログ放送時代と比べると、テレビの受信環境は格段に良くなりました。

それでも電車や高架、様々な建物の影響もあって、どうしてもアンテナでは受信が難しい場所があります。

そんな時に上の3つの方法を試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク