室内アンテナで地上デジタル放送の受信は可能?超えなければならない条件とアンテナ選び

シェアする

テレビの線が来ていない部屋で新たにテレビが観たいとか、アンテナ設備が壊れてしまって、暫定的にテレビを映したいとか。

様々な理由で、手軽に受信ができる室内アンテナを求めている方もおられることでしょう。

でも、明らかに受信環境の悪い室内で、本当に地上デジタル放送が観られるようになるんでしょうか。

やっぱり条件が整わないと厳しいと思いますよ。

強電界地域であること

室内アンテナは、建物の中で設置するという条件の悪さだけでなく、サイズも小さく受信の性能も低いアンテナです。

ですから、前提に近い条件として、もともとが電波の強い地域(強電界地域)である必要があります。

電波の強さによって、強電界、中電界、弱電界という分け方をしますが、そもそも明確な区切りはありません。

皆さんも、お住いのお宅が何電界なのかわかりませんよね。

目安しかお伝えできませんが、各都道府県の県庁所在地にお住まいの方は、概ね電波が強いと思われます。

人口の多い主要都市には、基本的に親局と言われる大きなテレビ塔が建っており、強い電波が送信されています。

各地にテレビ塔は建っていますが、小さなテレビ塔は送信電波も弱いため、近いからと言って必ずしも強電界とは言い難いですね。

周囲のアンテナ設備をチェックする

もう一つの判断目安として、周辺の家屋のアンテナをチェックしてみるとわかりやすいですね。

平面アンテナや小型の地上デジタル放送用アンテナが多く見られるようなら、比較的電波が強いと判断できます。

これらのアンテナは、素子アンテナと比べて受信性能が低いため、弱電界での使用は難しいんですよね。

逆に割と新しい住宅で素子アンテナばかりの場合は、ちょっと受信環境が悪いかしれません。

弱電界と思われる地域の場合は、室内アンテナでの受信はお勧めできません

動作利得が高いものを選ぶ

アンテナの性能を比較する数値の1つとして「動作利得」があります。

この動作利得が高ければ高いほど、受信性能が優れていると思っていいでしょう。

ただ、しっかりと動作利得を記載していないケースも多いので、ちょっと比較が難しいです。

アンテナはだいたい大きさに比例するので、基本的には大きいほど受信性能が高いですけどね。

ブースター内蔵型というものもあります。

ブースターとはテレビ電波のレベルを増幅する機械で、画像の劣化を防ぐ役割があります。

アンテナ自体で壊れる前の画像を受け取る必要がありますが、無いよりはあった方が受信の成功率は上がるでしょうね。

まとめ

設置する位置や、壁の材質などにもよってきてしまうので、室内受信はなんとも判断が難しいですね。

BSアンテナのように、ベランダに設置して室内に入れる方が間違いないですが、受信方向がベランダから見えないと意味がないですしね。

いずれにしても、アンテナの受信方法としては最も厳しいと言っていい方法ですので、失敗も覚悟の上で臨みましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク