4K映像にDVDやブルーレイは対応していないって本当?でも大丈夫!Ultra HD Blu-rayというものが出てますよ

シェアする

DVDはいいとして、Blu-ray Discって4Kに対応してるって思っていませんでしたか?

なんとなくブルーレイと聞くとすごく綺麗な映像という印象があって、勝手に4Kに対応できると勘違いしていました。

実はBlu-ray Discでも2KのフルHD画像が限界で、4Kの映像には対応ができていません

でも大丈夫です。

また新しい規格のメディアが発売されていますよ。

Ultra HD Blu-rayとは

Blu-ray Discを更に進化させた光ディスクとして、既にパナソニックから2015年に発売がされていました。

さすがに当時はまだまだ4Kの話が出たばかりで浸透していませんでしたが、今年に入ってソニーからも発売されるなど、徐々にラインナップが増えてきています。

4K衛星放送同様、従来のBlu-ray Discの4倍にあたる解像度(3840×2160px)で映像が書き込まれており、HDR(ハイダイナミックレンジ)にも対応しています。

HDRに関する詳しい記事はこちらをチェックしてみてください。

4K対応テレビに良く記載されている機能の「HDR」。ハイダイナミックレンジというそうなんですが、なんのことだかわかりますか?細かい説明は抜きにして、できるだけ簡単に説明しています。

4K8K衛星放送の本放送開始まで待てない方は、Ultra HD Blu-ray 対応プレーヤーを買って、一足先に4K映像を楽しんでみてはいかがでしょうか?

Ultra HD Blu-ray は幾らぐらいするのか

現在発売されているUltra HD Blu-ray 対応機器は、大きく分けて2種類です。

一つは純粋に再生するのみのプレーヤー、もう一つは録画機能を備えたレコーダーです。

再生のみのプレーヤーはようやく価格もさがってきて、最安値で3万円を切るものが出回り始めました。

また、録画機能を備えたレコーダーは、現在最も安くて5万円程度でしょう。

ただし、注意しないといけないのは、レコーダーといってもUltra HD Blu-rayに録画できるわけではなく、あくまでハードディスクを備えている録画可能なモデルということです。

Ultra HD Blu-rayに関しては、まだ再生しか対応ができていないんですね。

ちなみに、Ultra HD Blu-ray が再生できるものとして注目されているのが、家庭用ゲーム機のXbox One Sです。

価格も安く、プレーヤーの最安値程度である3万円程度で購入可能。

もちろんメインであるゲームの機能と、ネットに繋いで様々なコンテンツを利用できるなどの多様性があります。

少しでもゲームに興味があれば、Xbox One Sが一番お勧めですね。

まとめ

Ultra HD Blu-rayに対応したソフトも徐々に増えてきています。

アップコンバート機能などの充実で、今までのBlu-ray Discでも4K映像に近い画質で視聴可能にはなっていますが、純粋な4K映像を4K対応テレビで観る迫力にはかなわないでしょう。

価格も下がってきていますし、レコーダーをお探しの場合はUltra HD Blu-ray再生対応のモデルがいいですね。

※記載されている価格は、記事を作成した2018年2月現在を参考にしております。

4K8K衛星放送に関する疑問 → こちらをチェック

スポンサーリンク
スポンサーリンク