新築を建てた!テレビの受信はアンテナ、ケーブルテレビ、それとも光テレビ?

シェアする

建売

新築を建てた、もしくは建てたいと思ってる方、沢山いらっしゃるんじゃないでしょうか。

そんな時、テレビの受信の仕方はどうしましょう?

1.アンテナ受信

2.ケーブルテレビへの加入

3.光テレビへの加入

だいたいこの3種類のうちどれかになります。

それぞれの特徴を簡単に説明しますね。

アンテナ受信

その名の通り、アンテナを建てて放送を受信する方法です。

何と言っても一番の特徴は、ランニングコストがかからないこと。

一度工事をしてしまえば、有料放送に加入しない限りは月々の支払いはありません(NHK受信料はかかります)。

機械ですから、予期せぬスピードで故障することもあるかもしれませんが、大体10年は平気でもちます。

長ければ、20年も30年も壊れずに受信し続けるでしょう。

そうなれば、コストパフォーマンスは断トツですね。




台風や地震など、天災による不安もありますが、最近では壁にそのまま取り付ける平面アンテナなども出ていますので、随分と耐久性があがっていると思います。

ケーブルテレビへの加入

以前はテレビの映りが悪い地域のために作られた印象でしたが、今はかなり広い地域で加入が可能になっています。

住み分けがしっかりしており、お住いの場所で加入できるケーブルテレビ局は基本的に一社です。

ケーブルテレビ局によって様々ですので、加入が可能か、金額は幾らなのかなど、インターネットで調べてみてください。

ケーブルテレビの特徴は、アンテナがいらないということ。

特にこだわりの新築を建てた場合、屋根の上にアンテナを建てたくないなど、外観を気にされる方も多いでしょう。

ケーブルテレビは、局がアンテナで受信した放送を電柱伝いに家屋に配給しています。

言ってみれば、遠くにアンテナが建っているようなものです。

家には電気のようにケーブルが引き込まれるだけですので、見栄えはいいでしょう。

地上デジタル放送だけではなく、BSやCSといった衛星放送や、そのケーブルテレビ局が制作した独自の放送なども一緒に流してますので、契約次第で沢山のチャンネルが楽しめます。

後は費用との相談ですね。

光テレビへの加入

最近加入者が伸びている光テレビ。

基本的にはケーブルテレビと同じ考え方で、遠くにアンテナがあって、家まで電波を持ってきてもらうような印象。

もちろん自分の家にはアンテナがいらないので、外観は綺麗ですし、メンテナンスも必要ありません

設備の問題でテレビの映りが悪くなったら、加入もとに連絡すれば直してくれます。

加入者側からすると、ケーブルテレビとの違いが感じられないと思いますが、実は運営会社が違うんです。

光テレビはNTTをはじめとした通信会社が主に運営しています。

インターネットを基本とした光配線に、テレビも一緒に乗っけちゃった感じです。

ですから、インターネットのプロバイダー代金や固定電話、スマホの月額料金などとセットにして安くできたりします。

それぞれサービスに差がありますので、お住いの地域のケーブルテレビなどと比較してみるといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク