レベルチェッカー(電界強度計)はどれを選べばいいの?機能や性能をチェック!

シェアする

テレビ電波のレベルを測るレベルチェッカー

4K8K衛星放送が始まることもあって、改めて必要性が重要視されてきています。

そこそこ値段もしますので、よく比較して購入したいところですよね。

今回はそんなレベルチェッカーをいくつか紹介していきます。

4K対応ハンディチェッカー

DXアンテナが販売している、4Kに対応したハンディチェッカーがこちら。

チェッカーの中ではお求めやすい価格で、レベルの強さ、BER値、C/N比、MERなどの基本的な数値はひと通り測定できます。

microSDカードに測定結果を保存することができるため、レベル表の作成が容易。

また、独自の特徴としてチャンネルの自動スキャン機能を持っており、いちいちチャンネルを切り替えたり登録したりする必要がありません。

費用対効果を考えたときに、アンテナ工事を専門にしてない方などは、一番手頃で多彩な機能を持った良い商品だと思います。

一括測定が楽

次に紹介したいのが、マスプロ電工製のハンディチェッカーです。

先程のDXアンテナ製よりも若干高い印象ですが、機能も少し充実しているでしょうか。

特筆すべきは測定の手軽さで、全てのチャンネルを一気に測定する全波一括測定という機能があること。

大型の施設でたくさんのテレビ端子を測定しなければならない場合など、かなりの時間短縮に繋がるてしょう。

また、microSDカードだけじゃなく、USBで直接PCと繋げることができるため、よりレベル表の作成が楽に行なえます。

アンテナ関連の仕事をメインで行う方などは、こちらのチェッカーが良いかもしれませんね。

画像が確認できるチェッカー

最後にご紹介するのは、マスプロ電工製の映像が確認できるチェッカーです。

最大の特徴が映像を映し出せるモニターで、基本的な測定と同時に映像がしっかり映し出せるかのチェックが行える便利な測定器です。

テレビの設備工事は、結局は映像を映し出せるか否かが一番の問題です。

明らかに数値が良ければ別ですが、微妙な数値の場合は、最終的にテレビでの画像確認が必須となります。

それが同時にできるチェッカーなんですね。

残念なのは4K8K対応ではないこと。

測定は対応可能なんでしょうけど、最大の特徴であるモニターのチューナーが間に合わないんですね。

市販でもまだ4Kチューナーが出てないんですから、チェッカーに内蔵されるのは当分先でしょうね。

まとめ

今、よく使用されているレベルチェッカーを3つ紹介してみました。

昔と比べるとかなり性能も良くなっていて、値段もずいぶんと安くなりました。

アンテナ工事をされる方は1つ持っていると安心ですし、仕事の幅も広がるでしょう。

4K8K衛星放送も始まりますので、買い替えも考えてみたらどうでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク