屋根馬(ルーフベース)の種類 アンテナ設置の金具選び

シェアする

アンテナを屋根の上に設置する際に使用する屋根馬(ルーフベース)という金具。

この屋根馬にもいくつか種類があります。

取り付けたいアンテナの種類や材質、金額に応じてベストな商品を選びたいですよね。

今回は、この屋根馬の種類をいくつかご紹介していきます。

一般的な屋根馬

ごく一般的に一番使用されている類の屋根馬がこちらです。

素材は溶融亜鉛メッキで、アンテナマストを差し込んで使用します。

アンテナマストの適合径は32Φまでで、家庭用のアンテナマストであればほぼ対応できますね。

サイズは小さめですが、最近のごく一般的なお家であれば問題ないでしょう。

ステー付き

屋根馬にステーを取り付けて頑丈にしたものがこちら。

通常屋根馬に横棒(ステー)を加えて補強した屋根馬になります。

サイズが一回り大きく、耐久性も高くなります。

昔ながらの日本家屋や寄棟の屋根などでは勾配が緩く屋根自体も大きいため、屋根馬も少し大きめで補強がなされたタイプが良いでしょう。

BS用屋根馬

BSアンテナを設置する場合に最適な屋根馬がこちら。

マストを差し込む根元部分が長くなっており、この部分にBSアンテナを設置することで、より頑丈に施工することができます。

差し込むアンテナマストよりも径が太くなってますし、屋根馬と一体となっているため風などでマストが回ってしまう心配もありません。

更にアンテナマストを差し込んで、上にUHFアンテナを設置する方法で良く使用されますが、BSアンテナだけを設置するケースでも良く使用されます。

ステンレス製

珍しいステンレス製の屋根馬です。

通常の屋根馬は、ほとんどが溶融亜鉛メッキ製でできておりそれなりに錆にも強いのですが、ステンレス製は更に防錆性能が高くなります。

海に近いお宅など、塩害が多い地域にはステンレス製がベストでしょう。

マストも含めてステンレス製で揃えれば、かなりの耐久性になるでしょうね。

種類が少なくサイズは一つしかありません。

まとめ

屋根馬にも色々と種類があります。

最近では平面アンテナなどが増えてきて屋根の上で設置するケースも減ってきましたが、それでも障害物を避ける上では最も感度良く設置できるのは屋根馬でしょう。

屋根の形状や設置するアンテナ、塩害地域なのかどうかなども含めて、最良の屋根馬を探してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク