BSアンテナ用金具の選び方 コンクリートフェンスなど

シェアする

BSアンテナを購入する場合、金具やケーブルなどが付いてくるセット品と、アンテナだけの単品が売っています。

ご自分で設置をするのであればセット品がお勧めではあるんですが、取り付けたい位置やベランダの形状などによって、せっかく付いてくる金具が使用できない場合があるんですよね。

そんな時には金具を別で購入しなければなりません。

どのような金具がベストなのか、シチュエーションに合わせた金具をご紹介していきます。

外壁に打ち付ける

ベランダの格子に挟み込むことができないため、壁に直接打ち付ける場合にお勧めな金具がこちら。

一般的に一番良く使われているタイプの金具だと思います。

セット品と比べると一回り大きくガッチリして耐久性も高く、壁への取り付け面のビス穴も多いためお勧めですね。

挟み込みの金具も付いているので、ベランダにも設置は可能です。

金額も比較的安価といっていいでしょう。

BSアンテナの上に地デジ用アンテナも取り付ける

BSアンテナだけではなく、一緒に地上デジタル放送用アンテナも取り付けたいという方に最適な金具がこちら。

通常の金具よりもマスト部分が長く、上に地上デジタル放送用アンテナを設置できる程度のスペースがあります。

軒の上にBSアンテナを出したい場合など、高めにアンテナを設置するのに適しています。

コンクリートフェンス用

ベランダがコンクリートの場合に使用する金具がこちら。

最近のベランダは、格子のようなタイプよりもコンクリートフェンスになっているケースの方が多いかもしれません。

直接ビスで打ち付けてもいいですが、当然穴が開きますし、素人施工ではちょっと心配ですよね。

この金具はマンリキのようになっているため、上から金具でフェンスを挟み込んで締め付けるだけでOK。

ビスで打ちるけることと比べると、風の影響などで方向がずれてしまう心配は高めですが、施工が非常に楽ですね。

引き込み柱に取り付け

敷地内の住宅用鋼管柱(引き込み柱)に取り付けをしたい方はコチラがお勧め。

電気や電話線の引き込み用鋼管柱などに金具を設置してBSアンテナを取り付けます。

一般的な住宅用鋼管柱のサイズに合うよう設計されており、取り付けも比較的容易と言えます。

BSアンテナのみならず、地上デジタル放送用アンテナを設置するのにも良く使用されますね。

室内に置きたい

最後にご紹介する室内置きの金具がこちら。

実際のところ、室内でのBSアンテナ受信は条件が難しくあまりお勧めできるものではありませんが、逆を言うと条件さえクリアーできれば室内置きもOKです。

方向的に問題なければ、ベランダの床に置くという選択肢もあります。

室内受信についてはこちらの記事でも書いておりますので、よろしければ見てみてください。

まとめ

BS用の金具だけでも、このように色々な金具が発売されています。

賃貸住宅だと壁に穴を開けるのはちょっとためらいますし、見た目もできるだけ良くしたいですよね。

要望を伝えてプロに施工してもらうのがベストですが、簡単にできるなら自分で取り付けたいとも思いますしね。

ちなみにアンテナ設置方法も記事にしてますので、参考にしてみてください。

BSアンテナの設置方法 → こちらをチェック

CSアンテナの設置方法 → こちらをチェック

スポンサーリンク
スポンサーリンク