壁面取付金具(サイドベース)の種類 アンテナ設置の金具選び

シェアする

アンテナの設置工事を行う場合、まずはどのように設置するかを考えますよね。

建物の壁に金具を取り付けて設置する側面取付工事の際は、どのような金具を選んでますか?

軒の長さによって種類を変えないといけませんし、材質も考慮したいですよね。

今回はそんな壁面取り付け時の金具(サイドベース)の種類について書いていきます。

マスト25Φまで

最も廉価な部類の金具がこちら。

差し込むアンテナマストは25Φまでで、金具自体のサイズも小さめ。

亜鉛メッキ加工は施されているものの、金具の強度が弱めですので、あまり強い力を受けないようにしたいところ。

UHFアンテナとBSアンテナを同時に設置するにはちょっと厳しいでしょうか。

できるだけアンテナマストも短めにしたいですね。

マスト32ΦまでOK

一般的に一番良く使われていると思われるグレードの金具がこちら。

アンテナマストは32Φまで差し込めます。

25Φまでの金具と比べると作りが頑丈で、UHFアンテナだけじゃなくBSアンテナも同時に設置しても特に心配はないでしょう。

壁からマストまでの寸法は約300mm程度なので、軒の出が大きい家などでは使用が厳しいですね。

伸縮型の金具

軒の出が大きい場合に使用する金具がこちら。

MAX510mmまで伸縮可能な突き出し金具です。

かなり作りは頑丈ですが、重量が2.6kgと通常の金具の倍程度あるため、取り付ける壁の方がしっかりしていないと危険です。

下地を入れるなどの補強を施して、全体的にビスが利くような設置を心がけましょう。

これ以上の突き出しは強度的に不安なので、既製品として作られている金具はごく限られます。

アンテナマストを曲げるなどの加工で対応する方が、壁の強度を考えると得策ではないでしょうか。

ステンレス製金具

錆に強いステンレス製の金具がこちら。

他の金具の基本材質である溶融亜鉛メッキと比べても、防錆性能としては圧倒的に高い金具と言えます。

突き出しは約200mmでアンテナマストは32Φまで大丈夫。

金額が若干高くつきますが、海に近い塩害地域などでは高い効果を発揮します。

マストもステンレス製で揃えれば、耐久性はかなり高まるでしょう。

まとめ

サイドベースだけとってみても様々な種類があります。

価格や材質、取り付けるアンテナマストサイズなど、色々な条件をもとにベストな商品を探しましょう。

サイドベースは上下で一つずつ、計2個を使用して設置するのが基本です。

1つだけで施工する場合は強度がかなり落ちますので、十分に注意して施工してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク