地上デジタル放送用アンテナとは?性能と使用方法について

シェアする

アナログ放送からデジタル放送に切り替わるとともに、外観の良い平面アンテナが普及してきました。

加えて、各メーカー素子とも平面とも違う、小型の地上デジタル放送用アンテナというものを開発して販売しています。

この地上デジタル放送用アンテナとはどのようなものなんでしょうか。

メーカーによって形状も性能もマチマチなので、一纏めでは説明できませんが、なるべくスタンダードな意見になるよう努めて説明してみますね。

性能はやっぱり素子アンテナに劣る

平面アンテナ同様、やはり素子型のアンテナ性能には勝てません。

それどころか、ほとんどの商品は平面アンテナにも勝てないでしょう。

見た目は良く、団扇みたいな形状だったり、お弁当箱のようだったり。

出典:一般社団法人放送サービス高度化推進協会(A-PAB)

様々な形をしていますが、そのほとんどが小型で風の影響を受けづらいことを売りにしており、平面アンテナよりも小さいんですね。

もともとのテレビ電波が強い地域(強電界地域)や、そこそこ電波環境が良い地域(中電界地域)でなければ受信は厳しいでしょう。

設置方法の応用が利く

素子アンテナと比べて、性能が低く見た目が良いなら平面アンテナと同じだとも思われがちですが、壁に直接取り付けて受信する平面アンテナに対し、これらの地上デジタル放送用アンテナは様々な取り付け方ができます。

素子アンテナのように、アンテナポールに設置しても小型で風の影響を受けません。

平面アンテナもポールに取り付けることはできますが、面積が広くてどうしても風の影響をて受けやすいんですね。

屋根の上に設置しても違和感がありませんし、壁にもベランダにもマッチします。

設置方法の応用が利く分、受信性能で少し劣っても、平面アンテナより使いやすいかもしれませんね。

まとめ

平面アンテナより性能が劣ると書きましたが、物によっては同等以上のアンテナもあります。

しかし、性能を上げるとその分サイズがどうしても大きくなり、コンパクトの売りが消えてしまうんですね。

どのアンテナも一長一短ですが、もう少し知名度が上がると普及が一気に進むような気がするんですけどね。

Amazon ショッピングアプリ

Amazon ショッピングアプリ
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ
スポンサーリンク
スポンサーリンク