テレビを壁掛けにしたい! おおよその金額とデメリットについて

シェアする

壁にそのまま取り付けられた大きなテレビ。

なんとなくワンランク上のお家みたいで憧れちゃいますよね。

でも工事費用って、一体幾らくらいかかるものなのでしょうか?

そのだいたいの金額と、合わせてデメリットも知っておいた上でお決めになるといいでしょう。

工事費用には大きな差が出る

幾らくらいかかるのか、色々と調べてみましたが、かなり差があることがわかりました。

だいた万円から14万円くらいでしょうか。

相当差がありますよね。

勿論テレビ自体のインチサイズや金具の値段にもよるんですが、それよりも大きな差が出る理由があるんです。

壁に下地があるかどうか

最近の液晶テレビは、従来のものと比べると軽くなっていますが、それでも大型の物はかなりの重量です。

薄い壁ではこの重さを支えきれずに、場合によっては剥がれてしまいます。

そうならないよう壁の裏に下地を入れて補強をしてあげるのが一般的です。

新築した際に事前に下地を入れてもらっていたり、壁の裏にある柱の位置がはっきりとわかる場合などは、この必要がありません。

壁を剥がして下地を入れて、また壁を奇麗に補修する。

この工事があるかないかで、大きく金額が変わってくるんですね。

テレビを同時購入するかどうか

エアコンなどがいい例ですが、商品の購入と同時に工事もお願いする場合は、工事費用がお値打ちになるケースが多いです。

テレビも同様、購入先で壁への取り付けもお願いすると、安くやってくれる傾向にありますね。

特に大型のテレビともなると、テレビ自体の金額が高いですので、工事費用を削ってでも販売したいでしょう。

以前購入した持ち込みのテレビを付けてもらうのとでは、差が出るのもうなずけますね。

デメリットもある

テレビ台もいらないし、配線も基本的には壁の裏を通すのでキレイ。

外観的にもかなりのメリットですが、デメリットについても知っておきましょう。

買い替えが難しい

まずは故障した場合などの買い替えが難しいことです。

同じメーカーの同じテレビを買うなら別ですが、日々技術も進歩してますので、せっかくなら新しいテレビが欲しいですよね。

壁掛けのテレビに使う金具には互換性があります

どのメーカーのどのテレビにも合うような万能商品はないので、どうしても選択肢が限られてきます。

メーカー純正の金具ならば尚更ですね。

もしご自分で取り付けたい場合などは、できるだけ互換性の高い商品を選んでおいた方が良いでしょう。

金具自体も交換する手がありますが、更に費用がかかるのと、テレビの接続端子の位置とか、色々とあるんですよね。

模様替えが難しい

後は、テレビの位置が決定してしまうので、模様替えが難しいということです。

テレビを見るためのソファーやテーブルの位置なども、どうしてもテレビ中心に考えなくてはならず、レイアウト変更が厳しいんですね。

光の入り具合や出入りするドアの位置など、「こっちの壁にしとけば良かった!」なんて、実際に暮らしてみてわかる事も多いですので、設置位置は慎重に決めたほうがいいでしょう。

まとめ

最近では有機ELテレビなど、液晶よりも軽くて壁掛けに最適なテレビが出始めました。

まだ液晶テレビと比べると金額差がありますが、最初から壁掛けをお考えなら有機ELはいいですね。

それでも一長一短、有機ELテレビにも弱点はあるので、色々と情報を取り入れて、最適なテレビを選んでみてください。

※ 2018年5月25日 追記

なんと、ホッチキスで設置が出来る壁掛けの金具なるものを発見。

壁に跡も残りにくいですし、嫌ならやり直しも利きます。

実証はしてませんが、これで上手くいくのであればこんな良い金具はないでしょう。

 壁掛けテレビを考えている方は、一度チェックしてみてはいかがでしょうか?



スポンサーリンク
スポンサーリンク