BSアンテナの種類 ブラック色や自動追尾まで

シェアする

地上デジタル放送用のアンテナは色々と種類があるんですが、BSアンテナはあんまりバリエーションがないんですよね。

街を見てみても、ほとんどが白いお椀型。

でも探してみると、ちょっと珍しいBSアンテナもありましたよ。

ブラックのBSアンテナ

まず紹介したいのが、珍しいブラックのBSアンテナです。

地上デジタル放送用の平面アンテナなどは、ブラックだったりブラウンだったり、いろんな色があるんですが、BSアンテナはほぼ白色です。

耐熱の問題とか色々とあるんでしょうけど、ようやく出たかって感じです。

ただ、残念ながら4K8K対応ではありません

壁の色が黒っぽくて、平面アンテナをブラックにしても、BSアンテナだけ白色では目立ちますからね。

アウトドアに最適

持ち運びを前提に作られたBSアンテナがあります。

形状は珍しい四角のフラット型で、専用ケースに入れて持ち運びが容易です。

付属の金具も様々な場所に取り付けができるようになっており、据え置きも可能。

吸盤を使って車に直に取り付けてもOKです。

アンテナの裏にインジケーターが付いていて、リアルタイムにアンテナレベルがチェックできるため、方向調整が比較的簡単です。

普段は家のベランダに付けておいて、キャンプなどに出かけるときは持っていくといった事ができます。

ベランダに付けておいても、形状が珍しいのでBSアンテナだとバレないかもしれませんね。

自動追尾アンテナ

コチラも上記アンテナと同メーカーが販売している物です。

キャンピングカーの屋根などに設置することで、移動中でも衛星を自動追尾してBS放送を受信するスグレモノ。

流石に金額は張りますが、方向調整不要の最高級モデルのBSアンテナですね。

残念ながら4K8K放送には対応してませんが、車の中に4Kテレビを置く方はそうそういないでしょうから、今の段階では問題ないでしょうね。

まとめ

BS放送もアナログの頃は色々な種類のアンテナがあったんですが、デジタル放送に変わりスカパーなども混ざって受信がシビアになることで、ちょっとずつ淘汰されてきた感じです。

少なくはなりましたが、今でも探してみると面白いBSアンテナがありますね。

今のところ4K8K対応品は少ないですが、本放送が始まれ今よりもBSアンテナの需要が高まることが予想されます。

また新しいBSアンテナが出てくるかもしれませんよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク