全国の垂直偏波テレビ中継局一覧 アンテナの設置の仕方に注意!

シェアする

全国各地に多数建っているテレビの電波塔。

その中には、テレビ電波を地面に対して垂直にして送信する中継局があります。

そのテレビ塔から受信をする場合は、アンテナも地面に対して垂直にして設置しなくてはなりません。

間違えて設置をすると正常に受信が出来ませんので、十分注意して取り付けましょう。

全国の垂直偏波中継局

全国にある垂直偏波の中継局のみを一覧表としました。

北海道・東北地区

関東地区

北陸・信越地区

東海地区

近畿地区

中国地区

四国地区

九州地区

こうしてみると、殆どの都道府県で垂直偏波の送信局があるのがわかります。

スカイツリーで全域をカバーできそうな東京ですら、1基垂直の中継局があるんですね。

「HV」という表記があるものは、水平と垂直の両方の電波が出ている送信局です。

こういった場所は、アンテナを水平、垂直どちらも試してみて、より良い方を選択して受信する必要がありますね。

受信範囲は専用サイトで

上記の表を見てもらうと中継局の名前が載っていますので、大体の位置は把握できると思います。

詳細な場所とその受信範囲については、A-PAB(一般社団法人放送サービス高度化推進協会)という団体が、手軽に検索できるサイトを公開しています。

A-PAB 放送エリアの目安 http://apab-tv-area.jp/

こちらのサイトで住所を入力すると、細かな情報が出てきますのでチェックしてみてください。

受信範囲はあくまで机上で計算された目安ですので、実際の受信状況とはそぐわない可能性もあります。

様々な電波塔から電波が飛んできますので、後は実際にアンテナを設置して状況を確認しながら受信する中継局を決定しましょう。

受信チャンネルは表を確認してみてください。

垂直偏波用平面アンテナ

垂直偏波の中継局から受信する場合は、一般的に電波が弱い弱電界地域が多いと思われますが、テレビ塔に近い位置ならば平面アンテナでも受信が可能です。

通常の平面アンテナは水平偏波用に出来ていますので、垂直偏波での受信は垂直偏波専用の平面アンテナを使用する必要があります。

新築などで見た目を良くしたい場合など、できれば平面アンテナを使用したいところですよね。

ブースター内蔵型も出ていますので、受信が厳しいと思われる場合はこちらをお薦めいたします。

まとめ

地域によっては、垂直偏波の中継局がたくさんあります。

アンテナ設置をする際は、近隣の受信状況をチェックしてからにしましょう。

上記のような平面アンテナは、見た目では水平偏波用か垂直偏波用の区別がつけにくいので要注意です。

垂直偏波でのアンテナ受信は、通常と比べても若干ややこしいですので、一般の方には少し荷が重いかもしれません。

もし受信したい地域が垂直偏波だった場合は、専門の業者にお願いするのが一番だと思いますよ。



スポンサーリンク
スポンサーリンク