これって電波障害?テレビの映りが悪くなってきた

シェアする

平面アンテナ設置例

「最近テレビの映りが悪くなってきたなぁ」なんて感じてる方。

モザイクのようなノイズが入ったり、電波が途切れ途切れになってしまったり。

お住まいの家の周辺を見回してみて、最近建築中の建物があったりしませんか?

もしかしたら、電波障害かもしれませんよ。

建物による遮蔽障害

電波が飛んでくるテレビ塔の方向とお住まいの家の間に建物が建つことで、テレビ電波を遮断してしまう電波障害(遮蔽障害)が発生する場合があります。

BSやCSデジタル放送でも起こり得ますが、衛星放送は基本的に斜め上に向けてアンテナを設置するため、地上デジタル放送の方が起こり易いでしょう。

屋根の上にアンテナを設置している場合は相応の高さがあるため、アパートやマンションなど、大きな建物でなければ陰になることは少ないと思いますが、最近増えている平面アンテナなどは軒の下に設置するケースが多いため、比較的低い位置への取り付けとなってしまいます。

2階建ての一般戸建てでも十分陰になる可能性があるんですよね。

家の外を見回してみて、ご自分の家のアンテナ方向に建築中の建物がありませんか?

「怪しいな」と思ったら、工事看板にある連絡先に電話をするなり、現場監督さんなどに話してみましょう。

現状復帰が基本

電波障害については、国の法律での制定はなく、基本的に自治体単位での条例で定められています。

それぞれの自治体によって多少ニュアンスが違うものの、一般的には現状復帰が基本となっており、障害を及ぼしている建物側が与えた側のテレビ設備に対し、建つ前の映りに戻してあげなくてはならないことが記されています。

先に建てたもの勝ちの内容ですので、後からアンテナを建てようとして、電波の到来方向にある既存の建物側にクレームをつけても対応する義務は発生しません。

テレビの映りが悪い原因が建築中の建物にあった場合は、それ相応の対応をしてもらえると思いますので、完全に建築工事が完了してしまう前に連絡しましょう。

本当に電波障害になっているのかの調査と、映りの改善工事に来てくれると思いますよ。

まとめ

電波障害を避けるには、電波到来方向にある建物よりも高い位置にアンテナを設置することが基本となります。

分譲地や建売住宅などでは隣地の境界が狭く、同じくらいの高さの家が連なって建てられるため、どうしても電波障害が起こりやすくなってしまいます。

お隣の土地が現状空いていたとしても、将来的に家が建つことが想定される場合は、できるだけ平面アンテナの設置は避けて、屋根の上にアンテナを建ててあげることが電波障害を未然に防ぐベストな方法です。

外観を考えると、平面アンテナの見栄えは捨てがたいんですけどね。

ちなみにBSアンテナでも電波障害は起こりますよ。

電波障害は地上デジタル放送のものだと思っている方もいることでしょう。宇宙から飛んでくる衛星放送は一見建物の陰にはなりにくいと考えがちですが、設置されている位置が問題なんです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク