アパート、マンションに住んでいてテレビの映りが悪くなった時の対処法とは

シェアする

アンテナはテレビを見る箇所に関わらず、建物に1つしかいりません。

すなわち、一軒家でもマンションでもアンテナ自体は1つ。

そのテレビ設備の特性から、一軒家に住んでいるのか、アパートやマンションなどの集合住宅に住んでいるのかによって、テレビの映りが悪くなった時の対処法も考えていかなくてはなりません。

他の住民の方々に迷惑をかける訳にはいきませんからね。

設備の問題かをチェック

テレビの映りが悪くなった際に重要なのが、設備全体の問題なのか、それとも自分が住んでいる部屋内だけの問題なのかを見極めることです。

映りが悪いからと言って、すぐに管理会社に連絡をとって業者を呼ぶのはどうでしょう。

もしご自分の部屋内だけの問題だった時に、場合によっては費用の請求もされかねないんじゃないでしょうか。

設備なのか部屋内なのか、ある程度見極めてから連絡を入れましょう。

同じ棟の住民をチェック

一番わかりやすいのが、お隣に住んでいる方などに聞いてみることです。

同じ棟であればアンテナは恐らく一つですので、設備の問題であれば同じような症状に悩んでいるはずです。

逆に棟が別ならアンテナも別の可能性が高いため、あまり参考にはならないでしょう。

テレビの系統によっては同じ棟でも症状に差が出てくるため、複数人に聞ければベストです。

ご自分の家の中にテレビのコンセントが複数ある場合は、全てのテレビコンセントで映りが悪いかのチェックができれば良いですね。

また、2台以上のテレビがあって、全てのテレビで映りが悪ければ、テレビ自体の故障は考えにくくなります。

逆に、テレビ1台だけが悪かったり、ご自分の部屋だけの症状だった時は、テレビへの接続部分や設定などを疑ってみましょう。

線が外れていたり、接触が悪かったり。

意外と単純な理由で映りが悪くなっていたのかもしれませんよ。

チャンネルの確認

加えてチェックしておきたいのがチャンネルです。

修理業者が来た時に、まず最初に聞かれることでしょう。

地上デジタル放送なのか、BSやCSなどの衛星放送が悪いのか、それとも全部のチャンネルが悪いのか。

それによって、何処が悪いのかの判断がある程度できます。

衛星放送の設備がもともとなく地上デジタル放送だけだとしても、全部のチャンネルが映らないのか、一部のチャンネルだけがダメなのかは確認しておきましょう。

1チャンネルだけ映らないなどの症状が出る場合は、こちらの記事も見てみてください。

他のチャンネルは映るんだけど、一部のチャンネルだけ映らない。そんなことが結構あるんです。そんな時、どのようにしたらいいのかを簡単に説明しています。

まとめ

設備の問題であれば様々なことが考えられますが、部屋内の問題ならば原因は限定されてきます。

壁にあるテレビコンセントからテレビまでの間が部屋内の問題ととらえましょう。

テレビへの接続ケーブルや接栓、プラグ、地上デジタル放送と衛星放送を分ける分波器など、ケーブル関係の接続部分を重点的に調べてみてください。

後はテレビや録画機など、受信機自体の故障も考えられます。

いずれにしても、直ぐに管理会社に連絡を入れるのではなく、できるだけのことはしておいた方が、設備部分の問題だったとしてもスムーズにいくと思いますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク