エラーコード:E202 テレビが映らなくなった時の対処法とは

シェアする

こんな画面が出て、映像が写らない

こんな経験はありませんか?

E202というエラーコードは、メーカー共通のコードになっています。

簡単に言うとテレビの電波がきてませんということです。

ここで注意しないといけないのは、だからといってアンテナ設備が悪いとは限らないということです。

では、どのような原因が考えられるのでしょうか?

テレビのチューニングをチェック

引越しなどで、テレビを接続し直したりした場合は、まずはここをチェックしましょう。

特に他県から越してきたりした場合などは注意が必要です。

テレビのチャンネルは、地域によって振り分けが違います
(リモコンの1~12とは違うので注意)

例えば東京は

NHK総合Eテレ日本テレビテレビ朝日TBSテレビ東京フジテレビ
27ch26ch25ch24ch22ch23ch21ch

大阪では

NHK総合Eテレ毎日放送朝日放送テレビ大阪関西テレビ讀賣テレビ
24ch13ch16ch15ch18ch17ch14ch

などといった具合です。

テレビ電波を送信する電波塔は、全国各地に数多く建てられています。

電波が混信したりしないように、同じ局でもチャンネルの振り分けを変えているんです。

ですから、以前住んでいた街のチューニングのままになっていると、全く映らなかったり一部のチャンネルだけ映ったりする現象が起きるんですね。

リモコンのメニュー画面などから<地域設定><チャンネル設定>で、再設定してみてください。

今のテレビは、地域設定などで郵便番号などを入れると、自動にチャンネルをサーチしてくれるので、設定が非常に簡単に出来ますよ。

テレビの裏の接続ミス

正直、この原因が一番多いのではないかと思います。

特に買ったばかりのテレビを設置した場合などは、気をつけた方がいいです。

その中でも多いのが、UHF/BS・CSセパレーターが接続されていないケースです。

現在市販されているテレビのほとんどが、地上デジタル放送とBSやCSといった衛星放送を別々で接続するようにできています。

一般的に、UHF/BS・CSセパレーター(分波器)と呼ばれる機器を使用して、アンテナ線をそれぞれの電波に別けて接続します。

こんな感じです。

特に、初めてBS放送やCS放送を観る場合は、別けずにそのまま接続しているケースがままあります。

そのような場合は、地上デジタル放送か、BS・CS衛星放送のどちらか一方が映って、もう一方が映らないという現象が起き易いので、チェックしてみてください。

まとめ

上記の2つの対処でも直らない場合は、設備側の問題の可能性が高くなってきます。

特に、1箇所だけじゃなく複数の箇所でテレビの映りが悪くなる場合は、設備自体の問題と思われますので、専門の業者にお願いするのがいいでしょう。



台風や雷など原因がはっきりしている場合は、それ相応の故障の仕方があります。

それぞれのケースにあった対処をしましょう。

台風による故障の場合 → こちらの記事をチェック

カミナリによる故障の場合 → こちらの記事をチェック

スポンサーリンク
スポンサーリンク