急にテレビが映らなくなった!カミナリの影響かも

シェアする

アンテナ機器にとって天敵とも言われるのが、暴風雨を伴う台風と、このカミナリです。

直撃ではアンテナ機器どころか家電全部パーだと思いますが、近くに落ちるだけでも電流がアンテナ線に入り込んで、アンテナ機器をダメにしてしまうことがあります。

どのような故障が考えられるか、簡単に説明してみますね。

BSアンテナやブースターのショート

アンテナ機器の中でも影響を受けやすいのが、BSアンテナとブースターです。

分配器やテレビコンセントなどは、いらない電波をカットして必要なテレビ電波を流す程度の機器ですので、比較的シンプルな作りになっています。

対してブースターは、電波のレベルを増幅させるといった機能を持っており、電源を必要とする精密機器です。

カミナリなどの異常電流に弱いんですね。

BSアンテナのコンバーターと呼ばれる、お椀の前にグイッと突き出た部分も電源を必要とする箇所で、異常電流によるショートに弱いですね。

BS放送だけ映らなくなったんであれば、BSアンテナのショートを疑ったほうがいいかもしれません。

ブースターにしてもBSアンテナにしても、ショートしてしまっていては簡単には直りません。

素直に電気屋さんを呼んで交換してもらいましょう。

ブレーカーによる一時的な停波

ブースターには、カミナリなどの過電流による発火などを防ぐために、保護回路を持っている物があります。

もしかすると、その保護回路が作動して、電源を強制的に切ってしまっただけかもしれません。

家の電気は停電しませんでしたか?

その場合も保護回路が働く可能性があります。

故障まではしていないかもしれませんので、電源を再度入れ直すことで復旧するかもしれません。

ブースターは、一般の戸建てだと、屋根裏か納戸、おフロの上の点検口などに設置してあるケースが多いです。

場合によっては、テレビの横にちっちゃい箱のようなものがありませんか?

それらを見つけたら電源コンセントを抜き差ししてみてください。

上手くいけばテレビが映ります。

まとめ

電源の抜き挿しで復旧すればいいんですが、直らなければブースターなりの故障の可能性が高いと思います。

交換となればそれなりの金額がかかってきますので、一度加入している保険をチェックしてみたらどうでしょう?

加入内容と実際の症状によっては、保険が適用されるかもしれませんよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク