ワンセグ放送とは

シェアする

アナログ放送からデジタル放送への切り替えにあたり、携帯電話やカーナビなどの移動体受信用として開発されたワンセグ放送

外出先でも気軽にテレビが見られることで人気を博しました。

最近ではあまり名前を聞かなくなった気がしますが、実はいざという時に役に立つ放送なんです。

でも、なぜ「ワンセグ」放送と呼ばれるんでしょうか?

1セグメントを使用するからワンセグ

地上デジタル放送が使用している周波数の範囲は、13個のブロックに分けることが出来ます。

その1つ1つのブロックの名前を「セグメント」と呼ぶんです。

13個中、1つのセグメントで構成される放送が「ワンセグ放送」となります。

それに対して、残りの12セグメントを使用して構成される放送が、皆さんの通常観られている地上デジタル放送で、「ワンセグ放送」に対し「フルセグ放送」と言われたりします。

カーナビなどの購入をお考えの際は、内臓されている地上デジタル放送チューナーが「ワンセグ」用なのか「フルセグ」用なのかを確認してから購入すると良いでしょう。

移動体受信に強い

従来のアナログ放送は、受信の悪さに比例して映像が乱れていくという性質を持っていましたので、車載用テレビやポータブルテレビなど、移動しながら視聴するには不向きでした。

対してデジタル放送は、一定の受信感度が得られれば綺麗に映ることや、一度壊れても復元しようとする性質などから、移動体受信にはもってこいです。

更に、12分の1の幅で送信するワンセグ放送はより復元能力に長けています。

ワンセグとフルセグの二つのチューナーを内蔵しているカーナビをお使いの方はわかると思いますが、受信環境が良い場所を走っている間はフルセグ放送を映し、山間部などの受信環境が悪い場所を走り出すとワンセグに切り替わったりしませんか?

フルセグ放送と比べても、ワンセグ放送はより移動体受信に適しているといえるでしょう。

自然災害時の強い味方

ワンセグの大きなメリットともいえるのが、自然災害時での役割です。

出典 一般社団法人放送サービス高度化推進協会(A-PAB)

大地震や津波など、自然災害が起きると、皆さんスマホで連絡を取ろうと思いますよね。

事実、東日本大震災時は、一斉に電話やメールをすることによる通信ダウンや、ビルの倒壊などでアンテナ基地が破壊されることによる通信不良が相次ぎました。

そんな時ワンセグは強いんです。

停電によって家のテレビさえ映らない状態でも、ワンセグは通信回線を使いませんので、充電さえあればテレビが観れるんですよね。

リアルタイムの番組が視聴できますので、ニュースやデータ放送も確認できます。

いざという時に役に立つんですね。

ワンセグ放送のデメリットとは

移動体受信に長けるというメリットはあるものの、やはりフルセグの12分の1という幅での放送ですからデメリットもあります。

それが画像の粗さです。

両者の画像を比較してみると一目瞭然。

家にあるテレビなどのサイズでは、ワンセグ放送を観るのは厳しいレベルでしょう。

やはり携帯電話やカーナビなど、画面が小さい物で視聴するための放送と言えます。

まとめ

一時期人気のあったワンセグ放送ですが、最近ではあまり名前も聞かなくなりました。

技術の進歩によりスマートフォンが携帯にとって変わり、YouTubeやニコニコ動画などの映像や、huluNetfrixといった動画配信サービスなど、気軽に出先で映像が楽しめるようになりました。

映像の綺麗さでも動画配信サービスに太刀打ちできない状況です。

それでも地上デジタル放送がリアルタイムで観られるというメリットがあるのですが、2019年には、とうとうNHKがネットで地上デジタル放送の同時配信(リアルタイムでの視聴が可能)を行うとの話が出ています。

災害時の活躍を考えると、このまま消えていくのはもったいない気がするんですけどね。

ちなみに最近になって、スマホやタブレットでフルセグのテレビが視聴できるポータブルチューナーが発売されてきました。

こちらであれば画像も綺麗ですし、動画配信にも勝てるかも。

気になる方はこちらの記事を見てみてください。

タブレットやスマートフォンでテレビがみたい方、結構おられるんですよね。普段はあまり見ないキッチンだったり、寝室だったり。これさえあれば、外出先でもフルセグ視聴が可能なんです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク