auビデオパスの特徴をチェック 動画配信サービスの比較検討

シェアする

動画配信サービス

auユーザーのみ加入が可能な動画配信サービスauビデオパス

出典:auビデオパス(https://web.videopass.auone.jp/c/pc_index/)

auのみのサービスだからといって、規模が小さいと思ったら大間違いです。

約10,000本ものコンテンツを誇る、国内でも有数の動画配信サービスなんです。

今回はこのauビデオパスの特徴をチェックしていきます。

国内ドラマの充実

auビデオパスの一番の売りは、日本人向けのコンテンツの充実ぶりでしょう。

現在放送中の見逃し配信も含め、特に国内ドラマにはチカラを入れている印象です。

逆に海外ドラマには弱い印象で、「海外ドラマが見たければNetflixhuluにどうぞ」というくらいの割り切りを感じます。

オリジナル作品は少ないものの、新旧ドラマやアニメを取り揃えていますので、見たい作品に巡り会うことができるでしょう。

新作のレンタル作品

見放題コンテンツだけじゃなく、有料ではありますがレンタル作品もあります。

劇場公開映画も比較的早くラインナップされてくるため、新作をいち早く観たい人にはもってこいです。

月額会員には毎月540円分のコインが付与されるのも嬉しいところ。

旧作見放題だけじゃなく、たまには新作も見たいですからね。

映画券の割引サービス

auビデオパスの1つの売りとも言えるのが、この映画券割引サービスです。

月曜日は通常1,800円する映画の券が、1,100円になるサービス(TOHOシネマズ)。

土日も含めて毎日1,400円になるサービス(ユナイテッド・シネマ)。

上記2つのサービスがあります。

映画が好きで毎月見に行くような方には、このサービスだけでかなりのコストダウン。

映画館で最新作を観て、ビデオパスで準新作を観る。

映画好きには間違いなくお得な動画配信サービスと言えるでしょう。

当サイトの評価

auビデオパスの当サイトの評価はこちら

月額562円と安く、540円分のコイン付与。

映画券割引サービスなど、お得な内容はかなり詰まっていると思います。

auユーザー限定ですが、家族のうち誰かが契約していればOKですし、携帯端末だけではなく、家の固定電話やインターネット契約をしていれば加入は可能。

30日間無料お試しが出来ますし、映画好きの家族であれば入って損はないでしょう。

※ 2018年7月21日追記

2018年8月2日より、とうとうこのauビデオパスも、他キャリアユーザーからの加入が可能となります。

価格が安く自力もあるため、今後大きく伸びる可能性を感じますね。

※価格は税抜き価格
※2018年3月現在の情報をもとに評価しております。

他の動画配信サービスの評価が見たい方 → こちらをチェック

スポンサーリンク
スポンサーリンク