スマホの画面をテレビに映すにはどうすればいいの?

シェアする

急速に普及率の進むスマートフォン。

電話や写真などの機能に加え、ネット接続をすることで、様々な情報を得ることができます。

YouTubeなどの動画を観られている方も多いでしょう。

皆さん、その動画をテレビの画面で観たいと思ったことはないですか?

方法は大きく分けて2つあります。

それぞれ説明していきましょう。

ケーブルで繋ぐ方法

一つはケーブルで直接繋ぐ方法です。

iPhoneは比較的簡単で、専用の変換ケーブルLightning – Digital AVアダプタを使用することで、テレビのHDMI端子にそのまま繋げることができます。

Androidの場合は、マイクロHDMIの端子が付いているものであれば割と簡単ですが、最近はタブレットぐらいしか付いてないと思います。

USB端子で繋ぐ方法もありますが、MHLという規格に対応してないとダメで、最近のスマホはなかなか対応機器が出てないようです。

ケーブルでの直接接続は、ちょっと難しくなってきてますね。

HDMI端子と無線で接続する

iPhoneであればApple TVがお勧めです。

Wi-Fiで繋ぐことで、iPhoneの様々なコンテンツがテレビ画面を通して楽しめます。

Apple専用なだけあって、iTunesに対応しており、iPhoneユーザーには圧倒的に使いやすい仕様となっています。

ちょっとお値段的に高い印象ですが、リモコンに話しかけて操作するSiri Remoteといった機能などもあって、より直感的に操作できるようになっています。

対してAndroidユーザーはGoogle Chromecast(クロームキャスト)がいいでしょう。

Apple TV同様Wi-Fiで接続可能で、比較すると価格が若干お値打ちになっています。

こっちはアプリを使って操作する形になりますが、アプリもかなり充実しているので、あまり不便は感じないでしょう。

残念ながらiTunesには非対応なので、iPhoneからでも接続は可能ですが、あまり向いてないかもしれません。

もう一つお勧めは、Amazon Fire TVですね。

最新型は4Kコンテンツにも対応していて1万円を切るお値段。

Amazonプライム会員ならより一層お勧めです。

詳しくはこちらで説明しています。

4Kに対応した新型モデルが発売されたAmazon Fire TV。知っている人は詳しくて、知らない人は全然知らないような機器ですよね。この記事では、知らない人に出来るだけわかりやすいように説明しています。

まとめ

これ以外にも、スティック型PCを使った方法など、スマホの画像をテレビに映すやり方は結構たくさんあります。

スティック型PCに関する記事はこちら。

スティックPCというものをご存知でしょうか。HDMI端子に挿すだけで、テレビがパソコンになっちゃうんです。これを使えば動画配信サービスをテレビで観ることなんて簡単にできますね。

4K映像に対応するべく新型の接続機が出てますが、その分価格も高くなってしまってますね。

そこまでのスペックを望まないのであれば、旧型が安くなってますので、そちらの購入もいいかもしれません。

いずれにしても、動画配信サービスなどの映画やドラマといった映像は、スマホの小さい画面よりもテレビの大画面で観たいですよね。

ウシジマくん

スポンサーリンク
スポンサーリンク