いろんな機器に付いている「RoHS」という言葉 いったい何を意味しているのか

シェアする

電子機器などに記されているRoHS(ローズ)という言葉。

アンテナの機器も同じく、色々なところにロゴが付いていたりします。

これは一体なんの事なんでしょうか?

意味を知らないと、商品を選ぶ参考にもなりませんよね。

有害物質の使用に関する指令

RoHS指令 Restriction of Hazardous Substancesの頭文字を取ったものです。

全然意味がわからないですよね。

簡単に説明すると、(有害物質の使用に関する制限)といったところでしょうか。

これは、EU(ヨーロッパ連合)において2006年に施行された指令で、人体や環境に悪影響を与えかねない物質の使用を制限するものです。

「RoHS指令に適合した商品は、環境に配慮した良い商品ですよ」ってことですね。

ヨーロッパでの決まりですので日本で対応する必要は無いんですが、海外への輸出などを考えると適合品じゃないとマズいんでしょうね。

このRoHS指令、日本の規定ではないだけに、共通のロゴマークというものがありません。

各メーカーが対応していることをわかりやすく見せるために、独自でロゴマークを作成しているようです。

ロゴマークにある文字も「RoHS」だけだったり、「RoHS指令」や「RoHS指令対応品」など様々です。

6種類の原材料が対象

このRoHS指令によって制限された原材料は以下の6つです。

1. 鉛
2. 水銀
3. カドミウム
4. 六価クロム
5. ポリ臭化ビフェニル
6. ポリ臭化ジフェニルエーテル

鉛とか水銀あたりはわかりますけど、あとはよく知らないですよね。

これら6つの原材料は、規定の数値以上の使用を制限されています。

どれほどの影響があるのかはわかりませんが、RoHS指令に適合している商品のほうが、より環境に優しいとはいえるでしょう。

アンテナの各メーカーも、このRoHS指令が施行されて以来、新商品を発売する際にはできるだけ適合させるように心がけてきているようです。

今ではほとんどの主要商品がRoHS指令対応品になっていますね。

まとめ

アンテナ機器に限らず、商品には色々とよく知らないロゴマークが記されています。

このRoHSのマークも、内容を知らないと何がなんだかわかりませんもんね。

この記事を見て、商品を購入する際の一つの基準にするといいかもしれません。

必ずしも対応が必要なものではないですが、出来るだけ適合させていこうという意識を持った企業の商品は、ちょっと信頼性が高いような気がしますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク